E width=    
コーナータイトル

月の子守唄

食育 ドラゴンフルーツ  音楽  農業  文化 

私にとって 農業は未開の地
まだまだ いろんな夢やアイデアが眠っている

残念なことに 心や体で感じることを失い始めてしまった私たち
農業だけでなく いろんな面で バランスを崩してしまっている
そんな気がするのは 私だけではないとだろう

人が 生きるために生まれた 農業という文化
生きることを有意義にするために生まれた 音楽という文化

全ては農業から始まり 
私たちが築き上げてきたあらゆる文化に つながっていく

農業を中心に 全てが重なり合っている
そんな想いが 一人のアーティストと出会うことで
確かなものへと 変わっていった

彼女の名前は AYURI さん
私は音楽には詳しくない だけど ハウスミュージックというのは
聞いたことがあった

ふとしたころから 彼女のCDが手元に届いた
『 月の子守唄 』 というタイトルに ハッとした
ドラゴンフルーツの花は
新月や満月に関係していると 言われているからだ

花が咲く日を心待ちにし
一人ハウスで 花と月との交信を ひっそりと待ち続けた

ふわっ ふわっ と少しずつ 開いていく姿に
息遣いが聞こえてくるような 生命の誕生を見るようで
心が洗われていく自分が そこにいた

満開となり お月さんと会話を始めたころは 8時を過ぎていた
AYURIさんの『 月の子守唄 』が流れる

何とも言えない そんな不思議な気持ちになりながら
遠い昔 どこかで聴いたような 見たような 
そんな光景が 蘇ってくる

あ~ FRUITS+MUSIC=FRUSIC は 理にかなっていたんだって
そう思うと なんだか嬉しくなった

生きるもの全てのリズムは お月さんからきているのだろう
だからなのか お月さんにまつわる 昔話が多いのだろう

コラボっていう流行り言葉は あまり好きでないけれど
農業と音楽のコラボ いけてるって思う

ありがとう AYURIさん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(たべるの編集室より)

鮎罹(AYURI)さんのWEB SITE
http://www.ayuri.tv/

プロフィールや近況、ブログなど、
AYURIさんの魅力に触れられる素敵なサイトです。

「月の子守歌」が収録されているアルバム「HARMONY」も、
このサイトで試聴、購入できます。

是非、ご覧下さい。

AGRI-ART  2008年6月27日 23:25

コメント(4)

ハウスで花が咲いてて、この曲がかかっていたら
とてもステキ^^

posted by しーちゃん。  2008年6月28日 20:11

しーちゃんへ
ハウスの中もネット配線したから
仕事もできるようになったわけ。

だから、深夜、アユリさんのハウスミュージック
聴きながらパソコン打つのもいいもんよ。

そんでもって眠くなったら、ハウスで寝ちゃう。
究極の贅沢?かも。

posted by AGRI-ART  2008年6月28日 20:29

AGRI-ARTさん、
今回も素敵な記事をありがとうございます。

FRUITS+MUSIC=FRUSIC

その神髄に触れられた気がして、感慨もひとしおです。

宇宙のリズム(月の満ち欠け)が地球上の全ての生き物に影響を与える…
そう唱えたのは、かのシュタイナー博士ですが、
わたしがこよなく愛する「自然派ワイン」の作り手達は、
博士の教えに影響を受け、ブドウ栽培から醸造に至るまで、宇宙のリズム=月の満ち欠けに従っています。
ワイン作りに限らず、人生そのものを「宇宙の一部」として過ごしている。
「ビオディナミ=生力学農法」に身を捧げている彼らは、余りにストイックで、ほとんど殉教者に近いです(笑)。

彼らの多くは、採算度返しでワインを作っているので、おうちの屋根に穴が空いているような人が多いのですが、
本当に涙が出るほど素晴らしいワインを生み出してくれます。
だからわたしも、そういう作り手の存在を少しでも知っていただきたいと頑張っています。

AGRI-ARTさんと出会ったのも、AYURIさんとのご縁も、お月様の巡り合わせかな、と、思います(笑)。


posted by Maimai  2008年6月29日 00:50

いえいえ、素敵かどうか分かりませんが。
少しでも、就農者の立場から情報を発信しなければ
農業に携わっていない方々が提唱する言葉優先の農業理念に
縛られていきそうで ・・・
そうなると、益々、農業を始めようっていう若い人は
いなくなるでしょうね。
食べ物が当たり前のように陳列されている状態を
みれば、何も自分が農業をしようなんて考えないでしょう。

ですが、農業は本当に奥が深く、自然の神秘さに触れたり
生きることへの活力が生まれてくるものです。
もちろん、耐えて耐えての連続ですが。(笑)

そうですね。
ものを作るっていうことは、自然のリズムの中で生まれているんだと思います。
私は、殉教者まではいきませんが、今はほぼそんな状態です。

いつも輝く太陽も欠かすことのできない存在ですが、
月は、生命の充電をするかのごとく、私を照らしてくれます。

posted by AGRI-ART  2008年6月29日 15:39

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

AGRI-ART

見た目は暑苦しく、爽やかさが欠ける。情熱なのか、くどいだけなのか・・・。無骨で不器用な手を持つ男。
公式サイト
http://www.frusic.co.jp/index.html
これまでの投稿一覧

天からの声

農業に魅力を感じ 農業は芸術だと思うようになったのは いったい いつのことだったのだろう? パソ…

言うは易し

便利になることで 私たちはいろんな恩恵を受けている。 産業もグローバル化し 手間や労力がかかるところは 賃金の安い 外国…

祝(宿)泊体験

先週末 愛知県から一家族が 温泉ハウスに泊まりに来た。 受粉作業 収穫作業 一段落し 来年に向けて 温泉に浸かって? …

狂い咲き

11月中旬 奥飛騨の冷え込みは 一段と厳しくなってきた 地元でも そろそろ初雪が降るだろうと スノータイヤに 換える人が…

アセロラジャム

10月4日にドラゴンフルーツジャム(紅白)を発売しておよそ1ヶ月。 原材料に限りがあるので、限定販売となっている。 奥飛…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。