E width=    
コーナータイトル

紅いサイダー?

食育 アセロラ  ビタミンC  農業  動画  岐阜県 

フロリダスウィートと出会って、今年が5年目。
2年ものの苗をフロリダから輸入したので 翌年から収穫できた。
だけど、品質のバラつきや生産量の少なさから
一般には売れるものではなかった。

ひたすら挿し木を繰返し、苗を増やしては育てた。
今では、4000本を越える。
といっても、全てで収穫できるわけではないけどね。

アセロラ自体、栽培地が限られていることあり、情報は少ない。
県の普及センターに問い合わせても、知っている情報はない。
だから、試行錯誤の繰返し。

育った苗たちを見て、よくも成長してくれたと思う。
だけど、悔しいことに苗木たちは資産ではないようだ。
牛や昔からの果樹は資産であっても、私たちの苗木たちは
資産としてみなされないということ。
ものすごく矛盾しているけど、新しいものに挑戦しようとすると
必ず、こうした大きな壁が存在するのが厳しい現実だ。

タマゴが先か、ニワトリが先か
そんなお互いが歩み寄らない口論は、無駄に等しい。
悔しいけど、それが突きつけられた事実。

今に見とれ!と言わんばかりに、エネルギーが充満する。(笑)

ということで?
フロリダスウィートの出荷がスタートした。
記事でも書いたけど、市場、ネット、直売(準備中)でね。

アセロラを食べる文化のない日本において、
流通にのせるのは、なかなか難しいものがあった。
ただでさえ、日持ちがしないという印象があるし。
だけど、私たちのフロリダスウィートは冷蔵なら1週間前後持つ。
もちろん、完熟は発酵しちゃうかも(笑)
本当に岐阜で?って、市場関係から何度も聞き返されるほど、
質が良いと言われている。
とっても嬉しいことで、感謝感謝です。

お客さん(お店も含む)から食べ方を聞かれることもしばしば。
料理が苦手な私にとって、それは、ダメダメ。

だけど、サイダーで割って飲むことはある。
ニンニク卸し器を使う。
お酒ならアセロラ割りができてしまう。

いろんな食べ方がある。
私は、手軽にサイダーで割ってみた。
天然ビタミンCをたっぷりと含んだサイダーは最高だ。

AGRI-ART  2008年7月14日 23:18

コメント(2)

フロリダスウィートを見る度に
いろんなレシピが浮かんできます。
ドラゴンフルーツもね^^
いろんな人にいろんな食べ方を知ってもらいたいなー。
と思います。
                  しー。

私にとってフロリダスウィートはがんばった仕事のアトに
しーちゃんからもらえるご褒美です。
疲れた体を元気にしてくれる紅い宝石です。

                  のり。   

posted by しーちゃん。のりぴー。  2008年8月 5日 11:59

しーちゃん、のりぴーへ
フロリダスウィートを使ったアセロラアイスは最高でしたよ。
農園での料理教室も大成功でした。
トロピカルフルーツの魅力は、見た目、香り、味だけでなく
その驚異的な栄養価なんです。
そのことをもっともっと知っていただけるような魅力的な
レシピが生まれることを祈っています。
ありがとう。

posted by AGRI-ART  2008年8月10日 09:57

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

AGRI-ART

見た目は暑苦しく、爽やかさが欠ける。情熱なのか、くどいだけなのか・・・。無骨で不器用な手を持つ男。
公式サイト
http://www.frusic.co.jp/index.html
これまでの投稿一覧

天からの声

農業に魅力を感じ 農業は芸術だと思うようになったのは いったい いつのことだったのだろう? パソ…

言うは易し

便利になることで 私たちはいろんな恩恵を受けている。 産業もグローバル化し 手間や労力がかかるところは 賃金の安い 外国…

祝(宿)泊体験

先週末 愛知県から一家族が 温泉ハウスに泊まりに来た。 受粉作業 収穫作業 一段落し 来年に向けて 温泉に浸かって? …

狂い咲き

11月中旬 奥飛騨の冷え込みは 一段と厳しくなってきた 地元でも そろそろ初雪が降るだろうと スノータイヤに 換える人が…

アセロラジャム

10月4日にドラゴンフルーツジャム(紅白)を発売しておよそ1ヶ月。 原材料に限りがあるので、限定販売となっている。 奥飛…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。