E width=    
コーナータイトル

イエロードラゴンの開花

食育 ドラゴンフルーツ  農業  動画  岐阜  温泉ハウス 

ドラゴンフルーツは、月下美人と同じようにたった一晩だけしか咲きません。
花の大きさは、人の顔ぐらいあり、花に力を注ぐより果実に力をと思うのですが、
これは、私たち人間の勝手の思いです。
トロピカルフルーツにとって、南国には数多くの色鮮やかな動植物が存在します。
その中で、子孫を残すとなるとそれぞれ一生懸命、
その自分の魅力をアピールしているんでしょうね。
そんな気がしています。
また、夜咲くということを考えても、暗い中で虫たちに知ってもらうためには、
白色で目立つ色を選んだのでしょう。
棘があるのも、子孫を残すために食べられないようにしているのかもしれません。
そんなことを考えながら眺めていると何となく無駄にしたり、
粗末にしたりしてはダメなんだって思えてきます。

蕾が出始めです。
基本的にドラゴンフルーツの蕾は、
先がとんがっているものと丸みがあるものとに分かれます。
このイエローは、ふっくらと球体をしています。
そして、先が赤紫がかっているという特徴があります。

徐々に時間をかけて蕾が大きくなります。
このころになると、果実ができる部分にはしっかりと棘が生まれてきています。
棘や先端の色が、蕾の出始めの影響を受けているせいか、同じ赤紫を残しています。

いよいよ今夜咲きます。
通常のドラゴンより蕾から花が咲くまで、時間がかかります。
午後からふっくらとゆっくり膨らみ始めます。
重力に負けそうになるのですが、
基本的にこのイエロードラゴンは真横に咲く傾向があるようです。

満開です。
一つ一つにズレがありますが、午後10時ごろには満開となり、
豊かな包み込むような香りを発します。
他のドラゴンフルーツとは違い、ふっくらと丸みがあり、
柔らかい印象を受けるのが特徴です。
花びらの丸みにあわせ、
おしべも大切な人を守るようにめしべを包んでいるようです。

花の中を覗き込んでみました。
生命はこうして生まれるんだっていう神秘的な気持ちになり、
とても大好きな一枚です。
堂々としためしべさんがいて、
それを包み込むように見守っている無数のおしべさん。
めしべのヒダは太く短めで、おしべはたくさんで花粉量も多いのが特徴です。

実の準備ができました。
花を咲かせるのには、もの凄いエネルギーを消費するようで、
幹も筋が見えてしまいます。
実ができる準備をすると末端を残し、枯れていきます。
たった一晩限りのために。

結実が成功した青い実です
食べられないように?鋭く長い棘で近づくものを威嚇しているようです。
向かって右側のしおれた部分に花がついていたのです。
花が咲いてから、3ヶ月から4ヶ月という長い時間をかけて熟していきます。

もうすぐ、収穫できます。
イエロードラゴンの特徴は、
秋に花を咲かせ冬の間をじっと耐え?春に食べごろとなることです。
深い緑色だった表皮が、徐々に黄色(黄金色)に変わって行きます。
それと合わせるように、鋭い青々した棘も姿を変えていき、
より鋭さに磨きをかけます。

瑞々しさいっぱいです。
このイエロードラゴンだけは、手の皮が厚い私でも手袋をします。
手袋をしていても、棘が刺さりとても痛いです。
瑞々しくとても甘いのが特徴です。
とにかく美味しいとしか言いようがありません。
種も他と比べて大きめですが、全く種が気にならない。

AGRI-ART  2007年12月10日 22:24

コメント(6)

月下美人のような美しい花から生まれたイエロー・ドラゴン。鋭い棘が、美味しい中身を守っている。それだけで食指が動きます。

食べてみたいと思います。

それに、心を込めて彼等を育てている姿勢に心うたれました。

posted by 岡部美代治  2007年12月11日 08:20

岡部さん、コメントありがとうございます。
いつか、栽培風景を動画にて情報発信することが、失った信用を取り戻す、これからの農業のあり方の一つだと感じています。農作物がどうやって作られていくのか、知っていただくことが、抱える食糧問題を解決していく近道なのかもしれません。
実際、収穫や生活に追われることが現状です。でも、そんな中で些細な当たり前のことで感動できるのが農業なのかもしれません。

それに、たべるののスタッフのみなさまがいてくれたからこそ、こうして動画をアップすることができました。
ありがとうございました。

私たちのイエロードラゴン、いつか食べていただきたいです。
日本市場では、コロンビア産が輸入されています。
国産のイエローは、なかなか見つからないと思います。

posted by AGRI-ART  2007年12月11日 09:17

人に教えられて、始めてたべるのにやってきました。
このイエロードラゴンの花の画に、その美しさに驚きました。
「美しい」ということと「食べたい、食べる」といことが
自分の中で一つのものになることが、びっくりなのです。

posted by Maru  2007年12月12日 12:40

Maruさん、コメントありがとうございます。
本当に美しいです。
そして、何より生命を感じるというか、力強さに驚きです。
本当の美しさは、力強いこと、生命が漲っていることなのかな?なんて思うようになりました。

また、遊びに来てください。

posted by AGRI-ART  2007年12月12日 19:49

先日、テレビでイエロードラゴンフルーツを放送していたのを
拝見致しまして、ぜひ、食してみたいと思いメールを差し上げる次第でございます。お値段も結構していたのですが、ぜひとも送っていただけないものかと存じます。
宜しく、お願いいたします。

posted by 野竹由美子  2009年4月30日 16:24

コメントありがとうございます。
コメントの返信 遅くなり 申し訳ありませんでした。
ゴールデンウィークに入り 奥飛騨での作業を続けていています。
イエロードラゴン まだ 在庫がありますので 発送できます。
恐れ入りますが 弊社のホームページから メールにて発送先を教えていただけるとありがたいです。
電話は 休暇中はつながりませんので。

お待ちしております。

posted by AGRI-ART  2009年5月 4日 18:43

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

AGRI-ART

見た目は暑苦しく、爽やかさが欠ける。情熱なのか、くどいだけなのか・・・。無骨で不器用な手を持つ男。
公式サイト
http://www.frusic.co.jp/index.html
これまでの投稿一覧

天からの声

農業に魅力を感じ 農業は芸術だと思うようになったのは いったい いつのことだったのだろう? パソ…

言うは易し

便利になることで 私たちはいろんな恩恵を受けている。 産業もグローバル化し 手間や労力がかかるところは 賃金の安い 外国…

祝(宿)泊体験

先週末 愛知県から一家族が 温泉ハウスに泊まりに来た。 受粉作業 収穫作業 一段落し 来年に向けて 温泉に浸かって? …

狂い咲き

11月中旬 奥飛騨の冷え込みは 一段と厳しくなってきた 地元でも そろそろ初雪が降るだろうと スノータイヤに 換える人が…

アセロラジャム

10月4日にドラゴンフルーツジャム(紅白)を発売しておよそ1ヶ月。 原材料に限りがあるので、限定販売となっている。 奥飛…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。