E width=    
デリかまスタイル

鮨蒲でお正月

by 西村恵子 うつわギャラリー【*チョイス】

あと一ヶ月もすれば年末、そしてお正月と、
もうすぐそこまで来ました。
そこで、鮨蒲でお正月をイメージした
コーディネートにいたしました。

鮨蒲は、紅鮭、うに、甘えび、酢〆め小鯛の
4種類を並べました。

黒釉の大鉢には4色の鮨蒲と、豆皿を使って
いくら、銀杏、酢だこ、玉子焼きを盛り付けました。
黒色の器がモダンで彩り良く料理が引き立ちます。

焦げ粉引の長方形のお皿には、お刺身もプラスして、
花のカタチの大根と人参が、より正月らしくにぎやかに。

正月のお祝いには、日本酒です!
フリーカップにもなる、黒釉と粉引のそばちょこで
いただきます。
鮨蒲が、華やかにしたい
お正月料理の一翼を担ってくれました。


鮨蒲本舗 河内屋オンラインショップ


コメント(2)

これはとても綺麗ですね。
鮨蒲が遥か昔から、日本のお正月の定番であったような、納得感があります。
素晴らしい。

posted by Takahash.  2016年11月29日 15:07

嬉しいコメントありがとうございます。
鮨蒲は彩り美しく並んでいるだけでお皿の中が華やかに、
お正月のご馳走になりますね。

posted by うつわギャラリー【*チョイス】  2016年11月30日 17:32

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

鮨蒲丹右衛門@河内屋

わたしたち日本人の食卓に古くから馴染みある「かまぼこ」。中でも富山県は婚礼などの祝事に用いる細工かまぼこや富山名産昆布巻きかまぼこなど、かまぼこが板に付いていない独特のかまぼこ文化を育んできた地。河内屋は、厳選された魚と立山連峰の伏流水を使用し、熟練の職人技でかまぼこ造りに取り組んでいます。富山のかまぼこ文化の伝統を受け継ぎながら、鮨蒲や棒`Sなど、新しいかまぼこ造りにも力を入れています。かまぼこを通して、皆さんと新しい食卓の形を語り合いましょう。よろしくお願いいたします。
これまでの投稿一覧

びっくり揚げでトマトおでん

by 沢樹舞 今月は「びっくり揚げ」です。 ほーんとうに大きくてびっくり! 中に、具がた…

びっくり揚げでカフェごはん

by 松前貴子 今月のかまぼこは、「びっくり揚げ」。 その名のとおり、手のひらより大きな揚…

「びっくり揚げ」アレンジ色々☆

by 根本園子 今月の河内屋さんの蒲鉾は、その大きさにホントにびっくりする、 「びっくり揚…

幸暦(さちごよみ)紅のオードブル

by 沢樹舞 年末年始は、一年でも最も蒲鉾が食卓に登場する時期ではないでしょうか。 今年も…

幸暦で幸せ祈るお正月

by 松前貴子 お正月になくてはならないもの、おせち料理。 幼いころから、おせち料理は母の…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。