E width=    
デリかまスタイル

「磯くずし」まずは蒸して...

by 沢樹舞

「磯くずし」、河内屋さんの蒲鉾の中でも大好きなひとつです。
ずしりと量感があり、もっちりとした食感が、蒲鉾好きの心をくすぐります。
でも、なんと言っても、その風味や香りに蒲鉾の原点を感じさせてくれるところが好きです。

さて、その「磯くずし」。
そのままでももちろん美味しいのですが、ちょっぴり蒸すのがお薦めです。

で、どうせ蒸すなら、お野菜と一緒に...ということで。

網海老や黒胡麻を混ぜ大葉を乗せた「夕顔」を、蕪と一緒にお皿に盛りつけてみました。
自家製のジェノベーゼソースとクリームチーズを添えて。

さて、その「磯くずし」の蒸し方ですが、袋のまま蒸すと良いそうです。
簡単ですね。
お時間にして5〜6分というところ。

一緒に蒸した「白樺」は、シンプルにそのまま切っていただきます。

ボリューム満点の「磯くずし」、一個でも十分な食べ応え。

ついついお酒が進んでしまいますね。


鮨蒲本舗 河内屋オンラインショップ


コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

鮨蒲丹右衛門@河内屋

わたしたち日本人の食卓に古くから馴染みある「かまぼこ」。中でも富山県は婚礼などの祝事に用いる細工かまぼこや富山名産昆布巻きかまぼこなど、かまぼこが板に付いていない独特のかまぼこ文化を育んできた地。河内屋は、厳選された魚と立山連峰の伏流水を使用し、熟練の職人技でかまぼこ造りに取り組んでいます。富山のかまぼこ文化の伝統を受け継ぎながら、鮨蒲や棒`Sなど、新しいかまぼこ造りにも力を入れています。かまぼこを通して、皆さんと新しい食卓の形を語り合いましょう。よろしくお願いいたします。
これまでの投稿一覧

蒲鉾「然」でお寿司

by 沢樹舞 河内屋さんの「然」が届きました。 晩秋から春にかけて限定販売される素材にこだ…

かまぼこでカルパッチョ

by 松前貴子 早いもので、12月となりました。 12月のかまぼこは、「然」シリーズ。 …

桜と蓬の蒲鉾でピンチョス♪

by 根本園子 今月の河内屋さんの蒲鉾は、11月〜4月末限定の「然」シリーズから、 「桜」…

かまぼこでケークサレとキッシュ

by 松前貴子 今月のかまぼこは、定番商品の「昆布巻き」と「しぐれ」が届きました。 ちょっと…

「昆布巻」と「しぐれ」で富山風(?)散らし寿司☆

by 根本園子 今月の河内屋の蒲鉾は、「昆布巻」と「しぐれ」。 どちらも昆布を使った旨みた…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。