E width=    
デリかまスタイル

「カリー蒲鉾」で桃の冷製パスタ

by 沢樹舞

7月の声を聞くと、作りたくなるのが「桃の冷製パスタ」。
かつてわたしがソムリエとして働いていたイタリアンレストランのシェフが、
あの「料理の鉄人」で披露し、鉄人坂井シェフに勝利したという伝説のパスタです。
今ではいろいろなお店で作られ、すっかり夏の風物詩になった感のある料理。

かくいうわたしも、桃が出回る季節には決まって作るのですが、
毎年少しずつアレンジをして、バリエーションを増やしています。

そこで...

思いついたのが、こちらです。

カリー蒲鉾(ホタテ)入りの桃の冷製パスタ!

桃の冷製パスタは、桃の甘さに、軽い酸味と、しっかりとした塩気を加えることで構成しますが、
チーズの乳脂肪や、ベーコンや生ハムなどの動物性のコクを足してさらに複雑さを出したりもします。
それをカリー蒲鉾にしてみたらどうかな?
そんな試みが、見事にヒットいたしました。

カリー蒲鉾(ホタテ)の優しいスパイシーさが、桃と絶妙なバランスです。


鮨蒲本舗 河内屋オンラインショップ


コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

鮨蒲丹右衛門@河内屋

わたしたち日本人の食卓に古くから馴染みある「かまぼこ」。中でも富山県は婚礼などの祝事に用いる細工かまぼこや富山名産昆布巻きかまぼこなど、かまぼこが板に付いていない独特のかまぼこ文化を育んできた地。河内屋は、厳選された魚と立山連峰の伏流水を使用し、熟練の職人技でかまぼこ造りに取り組んでいます。富山のかまぼこ文化の伝統を受け継ぎながら、鮨蒲や棒`Sなど、新しいかまぼこ造りにも力を入れています。かまぼこを通して、皆さんと新しい食卓の形を語り合いましょう。よろしくお願いいたします。
これまでの投稿一覧

びっくり揚げでトマトおでん

by 沢樹舞 今月は「びっくり揚げ」です。 ほーんとうに大きくてびっくり! 中に、具がた…

びっくり揚げでカフェごはん

by 松前貴子 今月のかまぼこは、「びっくり揚げ」。 その名のとおり、手のひらより大きな揚…

「びっくり揚げ」アレンジ色々☆

by 根本園子 今月の河内屋さんの蒲鉾は、その大きさにホントにびっくりする、 「びっくり揚…

幸暦(さちごよみ)紅のオードブル

by 沢樹舞 年末年始は、一年でも最も蒲鉾が食卓に登場する時期ではないでしょうか。 今年も…

幸暦で幸せ祈るお正月

by 松前貴子 お正月になくてはならないもの、おせち料理。 幼いころから、おせち料理は母の…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。