E width=    
コーナータイトル

中東ワインの未来に注目です!

外でたべるの ワイン  中東 

日本国内のみならず、世界中どこへ行っても
「1日に最低1回以上の飲酒」を、まるで義務のように欠かさないわたし。
中東でも、もちろんワインやらビールやらを、たくさん飲んできました、

まず、チュニジアのワインがこちら

チュニジアは、国土の大半をサハラ砂漠が占めていますが、
地中海に沿った北部には豊かな土壌があり、ブドウ栽培が盛んです。

紀元前9世紀ごろからワイン造りが行われてきた歴史があり、
フランスに統治されていた19世紀末から1956年までの間には、
広いブドウ畑が開墾され、多くのワインがフランスへ輸出されていたそう。

フランスから独立後、ワイン産業は縮小してしまうのですが、
21世紀に入ってから注目されはじめ、近年では高い品質のものが生産されています。

続いて、トルコのワインがこちら

ずらりと並んだワインをすべて飲み干したわけではないですよ、念のため(^^;)

トルコは、諸説はあるのですが、ワインとブドウの発祥の地とも言われています。
紀元前4000年ごろには、メソポタミアでシュメール人が、
紀元前2000年ごろには、アナトリアでヒッタイト人が醸造していたそう。
う〜ん、歴史を感じます・・・。

ところがトルコでは、ワインは神々への捧げものとして造られていたため、
商業ベースに乗らず、品質の向上などもあまり重視されなかったそう。
ヨーロッパとアジアの架け橋でありながら、ワインでは遅れをとってしまいます。

それが21世紀に入ってから、世界的なワインブームの影響もあり
トルコ国内でもワインの消費が高まるなど、一気に関心が集まったそう。
アナトリア地方を中心に、ワインの生産が盛んになっています。

どちらも長い歴史を持つうえ、21世紀に入ってからの成長が著しい。
歴史に支えられて、どんなすごいワインが生まれるか楽しみです!

こちらはおまけ

上はカタール航空のラウンジで飲んだ「ヴーヴ・クリコ・ラ・グランダム 1996」
下は機内で出された「ローラン・ペリエ・ブリュット 2000」

チュニジアでもトルコでもスパークリングワインに出合えなかったこともあり、
全身にしゅわーっとしみわたるおいしさでした。

江藤詩文  2011年8月29日 12:35

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

江藤詩文

名前  江藤詩文
性別  女
出身地 東京都
血液型 B型


もの書きでインタビュア。
会いたい人&おいしいもののためなら世界中どこへでも行きます。
得意分野はホテルと温泉。世界の美酒美食と温泉めぐりが目標。
秘境こそ優雅に旅する方法を研究中です。
これまでの投稿一覧

中東ワインの未来に注目です!

日本国内のみならず、世界中どこへ行っても 「1日に最低1回以上の飲酒」を、まるで義務のように欠かさないわたし。 …

日本ワインとベジ・フレンチのマリアージュ

「ちゃんとしたワインリストがあるレストランで、日本のワインがあったら必ず飲むね。品質も味も、日本のワインは世界のトップク…

ブルゴーニュ白の学び方

このたびの東日本大震災で犠牲になられた あまりにも多くの方々のご冥福をお祈りいたします また、被災地で厳しい生活を余…

ワインを学べるレストラン(2)
ラ・ターブル・ド・エディアール

 デパ地下でお気に入りのワインを買ったら、おいしい料理と一緒にすぐ飲みたい。 そんなわがままなワイン好きを甘やかして…

ニュージーランドで「サーヴ」飲み放題!?

人はなぜ、観光地でワイナリーを訪れるのか ・・・な〜んて。大上段に構えるテーマでもないのですが みなさんは、ワイナ…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。