E width=    
コーナータイトル

忘れられないおばあちゃんの料理。
伝えていきたいお母さんの料理。

あなたが初めて自分のキッチンで、自分の料理を作り出したのはいつの頃でしょう。学生時代、親元から離れて暮らし始めたアパートの小さな台所。お母さんが入院してしまい、ピンチヒッターとして主婦をやることになった実家の台所。あるいは結婚して自分のキッチンを持ち、初めて自分の料理を作ったという人もいるでしょうね。そんなとき、やっぱりひとつの大きな基準になるのがお母さんの料理。たしかにあなたは、お母さんに比べたらいろんな料理をいろんなところで食べたでしょう。お母さんが食べたことがないフランス料理、イタリア料理、中華料理、エスニック料理。ステーキハウスやお寿司屋さん、焼き鳥とか居酒屋。ファミレスなんか行ったことがないお母さんもいます。だからあなたは、お母さんよりいっぱい美味しいものを知っている。
でも、それでもお母さんの料理って、基本中の基本ですよね。身体の奥、DNAにすり込まれている。だから作ってみようと思う。やっぱり美味しいと思う。自分は料理が下手だと感じたり、上手になったと思うのも、お母さんの料理が基準になっているのではありませんか。

こうしてスタートしたあなたの料理は、新しい環境で、新しい家族のために料理を作り続けるうちに新しい工夫や新しい美味しさを取り入れていきます。いつの間にか、あなた自身の料理になっていきます。


そんなあなたが、これだけは伝えていきたいお母さんの料理。いろいろレパートリーは広がったけれどこれだけは忘れられないおばあちゃんの料理。そんな料理があれば是非紹介してください。

お母さん、おばあちゃんの料理を再現できる方は料理を作って写真を送ってください。自分風にアレンジを加えた料理にあなたのコメントを加えていただいたものも歓迎します。自分では作れない料理なら、文章だけの投稿もOKです。

記事を投稿する

たべるのForum  2008年9月26日 09:04

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

のべた@たべるの

性別:男
誕生日:9月11日
出身地:大阪
生きるために食べるんだよって言う人がいるけど 僕は食べるために生きているって思う。
高級だろうがジャンクだろうが、おいしいものが大好きなのです。
これまでの投稿一覧

春のお弁当

それでも春はやってきます。 人の心が冷え込んでしまうような今年の冬でしたが、そんな中にも梅が咲き、桃が咲いて、桜が咲き…

お正月、おせちのかたち。まとめ

1月行く月、2月逃げる月、3月去る月などと云いますが、ついこの間お雑煮をいただいたと思ったら、もう2月なのですね。みな…

洋風おせちの未来は明るい

うちは2人暮らしなので、おせちといっても、お煮しめなどをちょちょっと作って雰囲気を楽しむ程度です。お年始先でいただくこ…

おせちあげたい。

「お正月なのに、おせちのない我が家」 おせちが嫌いだからじゃありません。 作れないし、作りたくないし、必要性がわからな…

おもちのおせち

遅ればせながら。 新年明けましておめでとうございます。 昨年はお見苦しい写真と共に、ダメご飯をお楽しみいただきありがと…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。