E width=    
コーナータイトル

美しい野菜たち。

by さいこ

若い頃、大好きな洋服のバーゲンから戻ってくると、「戦利品」を部屋に広げてニヤニヤしながら眺めたものだ。
さて、いま。畑から戻ってくると、「収穫物」をキッチンに広げてニヤニヤしている。キレイだなぁ。美味しそうだなぁ。どうやって食べようかなぁ。
いくつかのメニューをシミュレーションしながら土をおとしたり、あるいは土のまんまストック場所に(ただのダンボールですが...)うつしたり。
11月下旬の収穫は、牛蒡、里芋、生姜、蕪、大根、そして間引きした春菊に小松菜。自分で育てたものはほとんどなく、育てていただいたものを、ちゃっかりいただいてきただけなのだが、眺めているだけで心まで充たされた。
土から旅だった直後の、生々しく爽やかな香りと感触。みずみずしい野菜には、自然の力強さと美しさがある。美しい夕日を眺めている時にも似た、大きな力と儚さを感じるのだ。

 茶色い野菜

 白い野菜

 緑色の野菜

畑へ行こうよ。  2009年12月17日 08:29

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

たべるの畑くらぶ

たべるの畑くらぶは葉山で野菜を作っています。自然を手でさわる暮らし。あなたも一緒に「畑へ行こうよ」
これまでの投稿一覧

スイカ、プカリ。まどろむ木陰

by Takahash. 今年の春に新しい畑を開いて、そこに何を育てるか皆で相談した。 夏野菜を作ろう。もちろん…

カラスー族に襲われた畑。

by Takahash. 「お前はほんとうに好きなのか?畑仕事がほんとうに好きなのか?」 ときどき、そう自問して…

夏野菜の準備

by Takahash. 5月のゴールデンウィークは夏野菜の植え付け時期と重なるため、私は畑から離れることができませ…

好きなこと。

by Takahash. 「もう、あなたは好きなことばっかりやって、良いわよね。嫌なことはみんな他の人に放り投げてし…

ブロッコリーのはずが...

by さいこ 春到来。過ぎてしまえば、ある年ある冬の出来事としか言いようはないけれど、いろいろ起きた畑の冬だった。秋口…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。