E width=    
コーナータイトル

ブロッコリーのはずが...

by さいこ

春到来。過ぎてしまえば、ある年ある冬の出来事としか言いようはないけれど、いろいろ起きた畑の冬だった。秋口の日照不足、台風、季節外れの雪。大根の種は流れて蒔きなおし、白菜は思うように育たず。出来のよかったプチベールやスティックセニュールは、年をこえて葉っぱを一気に食べられた。ヒヨドリの仕業らしい。

いずれも自然を受け入れるしかない修行のようなものなのだが、この冬、予想外の出来事がもうひとつ。ホームセンターで「ブロッコリー」と表示されていた苗が、ステッィクセニョールだったのだ。さらに別の苗は(これもまたブロッコリーと表示されていた)芽キャベツだったのだ。

冷静に考えれば、芽キャベツの苗、どうみてもブロッコリーとは別物なのに。葉っぱの形、違うじゃんっ!と、突っ込み入れられても仕方ないのに。何年たっても素人な私たち、表示を鵜呑み、少し育ったところで「おや?」「これって...」と気づいた。てへ。仲間といっしょに笑うしかない。

鵜呑みを反省したら、切り替えは早い。「ことしはブロッコリーを作らない年ってことで」と誰相手でもなく言い放ち、目の前の作物を、愛でる、育てる、味わいつくす!終わりかけの冬に、たわわな姿を見せてくれた芽キャベツちゃんラブなのである。

まずはシンプルに、オイルソテー。蕪といっしょに。

甘味も、ほろ苦さも、香りも、濃い。芽キャベツをこんなにしっかり味わい噛みしめたの、初めてかも。いちどしっかり味わうと、がぜん遊びこころが騒ぎ出す。そうだ、キャベツの親子煮ってどうだろう(親子じゃないけど)。普通のキャベツといっしょにクリーム煮にしてみた。楽しいぞ。

そして目うろこの美味しさ、炊き込みご飯。舞さんに「ご飯いいよ」ときき、試してみたのだ。出汁を少し加え、いっしょに炊き上げただけ。筍ごはんや豆ごはんの、ちょっと手前の季節のごちそう、春の予感ごはん。なんとも滋味深く、爽やか。知らなかった味との出会いは、ご褒美だ。

旬は短い。すでに芽キャベツは名残の収穫。春到来である。

 

畑へ行こうよ。  2017年4月 7日 09:21

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

たべるの畑くらぶ

たべるの畑くらぶは葉山で野菜を作っています。自然を手でさわる暮らし。あなたも一緒に「畑へ行こうよ」
これまでの投稿一覧

夏野菜の準備

by Takahash. 5月のゴールデンウィークは夏野菜の植え付け時期と重なるため、私は畑から離れることができませ…

好きなこと。

by Takahash. 「もう、あなたは好きなことばっかりやって、良いわよね。嫌なことはみんな他の人に放り投げてし…

ブロッコリーのはずが...

by さいこ 春到来。過ぎてしまえば、ある年ある冬の出来事としか言いようはないけれど、いろいろ起きた畑の冬だった。秋口…

畑の主

by Takahash. 池や川の主なんて言い方がありますね、その土地に棲むものたちの主。あの姫リンゴの木は、そんな…

畑は新しいセゾン。

by Takahash. 畑の春はジャガイモの植え付けから始まります。 調べてみると昨年はずいぶん温かい年だった…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。