E width=    
コーナータイトル

Sharing is Caring

家でたべるの コミュニケーション  献立  動画  国際交流 

「おいしい国際交流」とえらそうなタイトルを付けてしまいましたが、実際はとても気楽でフレンドリーなお付き合いなのでそんな感じがこのビデオから伝わればと願っています。

私の好きな言葉に「Sharing is Caring」があります。
シェアリング イズ ケアリング(分かち合うことは助け合うこと)
「Give and Take」ギブアンドテイクと同じように"お互い様"のニュアンスがありますが「Sharing is Caring」の方が日本の「情けは人のためならず、めぐりめぐって自分のため」に通じる気がしてしっくり来ます。
人はそれぞれ色々な能力を持っています。お互いにその能力をシェアできたら人生はより楽しいものになると思います。

今日は、文法を勉強する前に知っておけば良いと思っていることを書かせてください。と偉そうな事を言っていますが、ただ日本語と英語では語順が違うと言うだけのことです。
もちろん初めのうちは覚えた英単語を並べるだけでも私はいいと思っています。
実際今でもほとんどそうしています。
ただ、単語の並び方が違うと意味が違うということを知っていればミスコミュニケーションが少なくなります。
私はかなりへんてこな英語でカイル先生をびっくりさせているので。

例えば、
YOU LIKE(あなたの好きな)
LIKE YOU(あなたのような)
で語順が変わると意味が違ってきます。

「カイル先生の好きな豚汁を作りました。」が「カイル先生のような豚汁を作りました。」になっていたりとか。
そして、長い言葉を英語にするのはとても難しいので3歳ぐらいの子供が話すような短い言葉をたくさん話すようにしています。

大人の言葉なら一言で済むような言い回しも、短くシンプルに3話ぐらいに分けて話すようにしています。
これを続けていると中学生のころに勉強した文法が使えたら便利なことが判ってきます。
その時にもう一度中学で習った英文法をやり直せば十分だと思っています。

いきなり文法にいかず実際に話してみて必要を感じたら勉強するのが、私にとっては負担にならない方法でした。
そして、どうしてもお互いの話したいことが上手く伝わらない時は、Googlで、「10の翻訳エンジンから一括翻訳 翻訳くらべ」を探して利用しています。(無料です)
できれば、これで英語と日本語の2段コメントを書いていただければカイル先生にも読みやすいので利用してもらえればと願っています。

例、I like book too.
  私(わたし)も本(ほん)が好き(すき)です。
*漢字の後ろにひら仮名の読みを書いてもらえればもっとうれしいです。


今日のメニューは、黒ゴマ豆腐、ホタルイカの釜揚げ、コンニャクの昆布〆、菜の花サラダ、ミギスの唐揚げ、大根おろし、麩とわかめの味噌汁でした。

食事中、カムフォードフード(食べてほっとするような料理)の話から感謝祭の七面鳥まで話が弾みました。
ちなみにカイル先生のカムフォードフードはハンバーガーでした。

ひかる&カイル先生  2009年4月 2日 01:34

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

ひかる&カイル先生

名前:ひかる(女性)
富山県滑川市在住
趣味は読書と音楽(主にロック)を聞くこと。夫、長男、長女の4人暮らし。夢はいつか外国へ旅行に行くことです。そのために英語の勉強を始めました。

名前:カイル先生(男性)
出身地:アメリカ テキサス州
趣味は読書とギターを弾くこと。
これまでの投稿一覧

生理的に無理なこと

私が中学生のころ初めて習った英文は、「This is a pen」でした。 「これはペンです。」これはすんなり頭の中に入…

大切な言葉、必要な言葉

中学校で習った英語をやり直してみましたが、初めのうちは私の話したいことのほとんどを言葉にすることが出来ませんでした。 知…

Sharing is Caring

「おいしい国際交流」とえらそうなタイトルを付けてしまいましたが、実際はとても気楽でフレンドリーなお付き合いなのでそんな感…

ローマ字で英語は読めないの?

多分ほとんどの日本人が英語を勉強するときに一度はぶつかる壁「英語が読めない!」を私もカイル先生に聞いてみました。 英語の…

はじめの一歩

我が家でおいしい国際交流が始まったきっかけは、偶然カイル先生が近所(徒歩2,3分の距離)に引っ越してきたことがきっかけで…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。