E width=    
きょうは昼まで寝てしまいました。 ほんの少し後悔しました。 ちょっぴり肌寒さを感じ布団からでられない日々がはじまろうとしています。 秋の始まりって、何だか切なさを感じさせてくれて意外と好きです。 ひとりでいるとき、ひとりを存分に楽しみたい、感じにさせてくれる季節です。

きょうは家呑み、でっす!

なべぞ

きょうは昼まで寝てしまいました。
ほんの少し後悔しました。
ちょっぴり肌寒さを感じ布団からでられない日々がはじまろうとしています。
秋の始まりって、何だか切なさを感じさせてくれて意外と好きです。
ひとりでいるとき、ひとりを存分に楽しみたい、感じにさせてくれる季節です。

村上春樹はいいました。

「あらゆる物事を深刻に考えすぎないようにすること、
 あらゆる物事と自分の間にしかるべき距離を置くこと」

ぼくは、秋のはじまりには少しそんな文学的気分を楽しみます。

って、秋に浸っている寝起きのとき、連絡がありました。
ともだちが遊びに来るらしいです。
どんなにひとりをたのしむと思っていても人恋しさはあるものです。

松尾芭蕉は詠みました。

秋深き
隣は何を
する人ぞ

人恋しといえ、都会の喧噪にのみこまれたくない気持ちはあり、きょうは家呑み開催ということにしました。

さあ、家呑みの準備、でも、あれこれ料理はしません。できません。
文学によくあるウイスキーも特には用意しません。
古典にある日本酒もありません。
ビールとかわきもののつまみがあれば十分です。

でも、きょうの客は大事なともだち。
すこしもてなしましょうー、ということで...

かまぼこさん、ごとうじょう〜!です。

手間いらず、そして、ちょこっとばかり気をつかった気にさせてくれる偉大なかまぼこさん。

きょうは、かまぼこさんの心強い助っ人も用意しました。
あんまり見かけない富山名産黒作り「いかの塩辛」、これで友達のこころもつかむことでしょう。

さて、あとはともだちを待つのみです。
秋のはじまり、楽しい宴が始まります。

って、ふと、そこまで気をつかうのか?
と思い始めましたが、
ともだちは大切に。おもてなしも大切に。です。

そんな、ともだちはボクのダメな先輩です↓

ははは、と秋の宴の始まりでっす!

温故知新

蒲鉾丹右衛門@河内屋  2009年9月30日 12:41

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

蒲鉾丹右衛門@河内屋

わたしたち日本人の食卓に古くから馴染みある「かまぼこ」。 中でも富山県は婚礼などの祝事に用いる細工かまぼこや富山名産昆布巻 かまぼこなど、かまぼこが板に付いていない独特のかまぼこ文化を育んできた地。 河内屋は、厳選した魚と立山連峰の伏流水を使用し、熟練の職人技でかまぼこ造りに 取り組んでいます。富山のかまぼこ文化の伝統を受け継ぎながら、鮨蒲やスティック チーズ蒲鉾など、新しいかまぼこ造りにも力を入れています。かまぼこを通して、皆 さんと新しい食卓の形を語り合いましょう。よろしくお願いいたします。
これまでの投稿一覧

かまぼこアレーも! かまぼこコレーも!

楽しかった「かまぼこアモーレ」とも お別れの時がやってきました。ぐすん、ぐすん。 始まったのは桜の季節。 半年間は長い…

片手にちーかま

初めて知りました。 BURUTUSのお取り寄せ特集に、チーかま部門があったとは。 同誌の手土産特集も、非常に参考になっ…

ジュウシイカマボコ豚肉巻き揚げ

秋の実りシリーズとスティック蒲鉾シリーズを、衣をつけてジュッ!!と こんがりサラダ油で揚げてみました。 ビールも旨いし…

きょうは家呑み、でっす!

きょうは昼まで寝てしまいました。 ほんの少し後悔しました。 ちょっぴり肌寒さを感じ布団からでられない日々がはじまろうと…

秋の味覚 かまぼこカンタンドリア

秋の実りシリーズ 露時雨(ほうれんそう・長芋・ごま)と、蓮根かまぼこを使って簡単ドリアを作ってみました。 夕べの残りご…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。