E width=    
初めて知りました。 BURUTUSのお取り寄せ特集に、チーかま部門があったとは。 同誌の手土産特集も、非常に参考になった1冊でして、 もはや信者となって数年です。 折に触れ、取り上げられた店に足を運んできました。

片手にちーかま

midorim

初めて知りました。

BURUTUSのお取り寄せ特集に、チーかま部門があったとは。

同誌の手土産特集も、非常に参考になった1冊でして、
もはや信者となって数年です。
折に触れ、取り上げられた店に足を運んできました。

そんなBURUTUS誌上でNO1を勝ち取った
ちーかまが我が家の食卓にやってきました。
 
「どう料理してやろうか」
考える私の背後から、夫の一声。

 「そのままで食べたい」

・・・あ、そのまま、、ですか。はぁ。

「ほいよ」 と1本手渡すと、
つるりん、とビニールの包装を剥いで、
キンキンに冷えたビールを片手に、一口二口といきます。

見るからに美味そうです。

ちーかま、ビール、ちーかま、ビール。
夏の涼を感じます。

お子様のおやつにも、、と楽天のページにありました。

我が家のお子様、現在1歳半ですが、
恐らく病みつきになるお味かと。。
でも今はもう少し我慢させよう。
しかし、幼稚園にでも入って一丁前になったら、
このちーかまを握らせて、子供ビールでも
もう一方の手に持たせてやろう。
そして夫と二人並ばせて、縁側でちーかまビール
の幸せを味わわせてやろう、と思うのであります。

温故知新

蒲鉾丹右衛門@河内屋  2009年10月 1日 20:02

コメント(1)

midorimさん、こんにちは〜。
スティックチーズかまぼこは、そのままかぶりつくのが
一番オイシイ食べ方のような気がしますね。
(さんざんアレンジしておいてなんですが・・)
キンキンに冷えた銅製ビアカップのビール。
見てるだけでぐびぐびいけそうです〜♪

posted by セニョーラ・あ〜  2009年10月 4日 09:28

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

蒲鉾丹右衛門@河内屋

わたしたち日本人の食卓に古くから馴染みある「かまぼこ」。 中でも富山県は婚礼などの祝事に用いる細工かまぼこや富山名産昆布巻 かまぼこなど、かまぼこが板に付いていない独特のかまぼこ文化を育んできた地。 河内屋は、厳選した魚と立山連峰の伏流水を使用し、熟練の職人技でかまぼこ造りに 取り組んでいます。富山のかまぼこ文化の伝統を受け継ぎながら、鮨蒲やスティック チーズ蒲鉾など、新しいかまぼこ造りにも力を入れています。かまぼこを通して、皆 さんと新しい食卓の形を語り合いましょう。よろしくお願いいたします。
これまでの投稿一覧

かまぼこアレーも! かまぼこコレーも!

楽しかった「かまぼこアモーレ」とも お別れの時がやってきました。ぐすん、ぐすん。 始まったのは桜の季節。 半年間は長い…

片手にちーかま

初めて知りました。 BURUTUSのお取り寄せ特集に、チーかま部門があったとは。 同誌の手土産特集も、非常に参考になっ…

ジュウシイカマボコ豚肉巻き揚げ

秋の実りシリーズとスティック蒲鉾シリーズを、衣をつけてジュッ!!と こんがりサラダ油で揚げてみました。 ビールも旨いし…

きょうは家呑み、でっす!

きょうは昼まで寝てしまいました。 ほんの少し後悔しました。 ちょっぴり肌寒さを感じ布団からでられない日々がはじまろうと…

秋の味覚 かまぼこカンタンドリア

秋の実りシリーズ 露時雨(ほうれんそう・長芋・ごま)と、蓮根かまぼこを使って簡単ドリアを作ってみました。 夕べの残りご…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。