E width=    
楽しかった「かまぼこアモーレ」とも お別れの時がやってきました。ぐすん、ぐすん。 始まったのは桜の季節。 半年間は長いな〜と思っていたけど、 過ぎてみれば、あっと云う間でした。 アレもおいしかった・・・コレもおいしかった・・・ 想い出がよみがえります。

かまぼこアレーも! かまぼこコレーも!

セニョーラ・あ〜

楽しかった「かまぼこアモーレ」とも
お別れの時がやってきました。ぐすん、ぐすん。

始まったのは桜の季節。
半年間は長いな〜と思っていたけど、
過ぎてみれば、あっと云う間でした。
アレもおいしかった・・・コレもおいしかった・・・
想い出がよみがえります。

最後にご紹介するかまぼこ料理は
揚げスティック蒲鉾で作ったリゾットのような
超簡単「洋風たまごご飯」です。

作り方は、炊きたてご飯に、バター、とき卵、パルメザンチーズ、
刻んだかまぼこ、青じそを混ぜ、最後に塩・こしょうで
味をととのえて出来上がりです。

白いご飯を炊いちゃったけど、
ごはんを食べながらもまだまだワインは飲み続けたい
という時にいいです。
(って、どういうシチュエーションじゃ?)(笑)

さて、「かまぼこアモーレ」では、
スティックチーズかまぼこを中心に楽しんできましたが
河内屋さんには、他にも素敵なかまぼこがあるんですよね。
なかでも「笹鮨かまぼこ」は格別です。

すし飯に見立てたもっちり上品な白いかまぼこには
うにや甘えび、鯛、穴子、紅鮭などのネタがのっていて、
パッケージから取り出して、笹の上に並べると、
かすかに笹の香りが漂ってきます。

これに上質のオリーブオイルと塩をふりかけると
ワインにぴったりの極上おつまみになっちゃうんです。
もちろん山葵醤油をちょっとつけて、日本酒もいい。

この笹鮨かまぼこに出合ってから、蒲鉾に対するイメージが
さらにアップしたのは言うまでもありません。
お酒を飲みながら、贅沢な気分にさせてくれる蒲鉾って
なかなか無いですよね。

「かまぼこアモーレ」では、ワインとの組み合わせが新鮮でしたし、
かまぼこを使ったいろんな料理を楽しませていただきました。
ホームパーティーではかまぼこが大活躍でしたよ。

毎月おいしい蒲鉾を送ってくださった鮨蒲本舗河内屋さま、
参加メンバーの皆様、沢樹舞さまと「たべるの」スタッフの皆様
そしてなにより「かまぼこアモーレ」をご覧下さった皆様、
半年間、ありがとうございました。

微力ながらも、かまぼこのある食卓の楽しさが
お伝えできていたなら嬉しいです。

温故知新

蒲鉾丹右衛門@河内屋  2009年10月 2日 20:00

コメント(5)

本当にこの度は色々とチャレンジして頂き、ありがとうございました。毎回、楽しい報告がアップされていて、次のアップをワクワクして待っていました(^^)。私たち蒲鉾屋とは全く違う発想に感心したり、驚いたりと、蒲鉾の可能性も発見できた時間でした。これをご縁に蒲鉾にぜひ注目して頂き、私たち河内屋にも関心を持って頂ければと思います。本当にありがとうございました!

posted by 蒲鉾丹右衛門  2009年10月 2日 22:08

セニョーラ・あ〜さん。半年間おつかれさまでした。
あ〜さんのおかげで、かまぼこアモーレが、こんなに楽しく盛り上がりました。
フィナーレを飾る「かまぼこムービー」も、おみごとです!

ありがとうございました。

posted by たべるの編集部  2009年10月 3日 02:20

☆蒲鉾丹右衛門さま
今月からもう蒲鉾は届かないのかと思うと淋しいです・・・
って、今度はちゃんとネットから注文すればいいんですよね。
先日「秋の実り」を贈りましたら、とても喜んでもらえました。
今後もギフトなどで利用させていただきますね。

☆たべるの編集部さま
メンバーの方々のレポートにずいぶん助けられました。
とっても楽しかったです。ありがとうございました。

posted by セニョーラ・あ〜  2009年10月 3日 22:03

おはようございます♪
かまぼこムービー素敵です~☆
私もアモーレに参加できて、とっても楽しかったです!
本当に、今までの蒲鉾の概念を覆してくれる斬新なかまぼこと料理でした!

posted by yuwanko  2009年10月 7日 03:33

yuwankoさん、こんにちは〜。
ムービー見てくださってありがとうございます。
ほんとにね〜、「かまぼこアモーレ」のおかげで
かまぼこの新しい食べ方とおいしさが発見できて楽しかったですね。
yuwankoさんは、毎回違った形の蒲鉾料理を6回も
レポートされてて、すごい!すごい!と思っていました。
メンバー最多賞ですねえ。
しかも、食育インストラクター・プライマリーの資格まで
取得されて素晴らしい! おめでとうございました。

posted by セニョーラ・あ〜  2009年10月 7日 22:00

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

蒲鉾丹右衛門@河内屋

わたしたち日本人の食卓に古くから馴染みある「かまぼこ」。 中でも富山県は婚礼などの祝事に用いる細工かまぼこや富山名産昆布巻 かまぼこなど、かまぼこが板に付いていない独特のかまぼこ文化を育んできた地。 河内屋は、厳選した魚と立山連峰の伏流水を使用し、熟練の職人技でかまぼこ造りに 取り組んでいます。富山のかまぼこ文化の伝統を受け継ぎながら、鮨蒲やスティック チーズ蒲鉾など、新しいかまぼこ造りにも力を入れています。かまぼこを通して、皆 さんと新しい食卓の形を語り合いましょう。よろしくお願いいたします。
これまでの投稿一覧

かまぼこアレーも! かまぼこコレーも!

楽しかった「かまぼこアモーレ」とも お別れの時がやってきました。ぐすん、ぐすん。 始まったのは桜の季節。 半年間は長い…

片手にちーかま

初めて知りました。 BURUTUSのお取り寄せ特集に、チーかま部門があったとは。 同誌の手土産特集も、非常に参考になっ…

ジュウシイカマボコ豚肉巻き揚げ

秋の実りシリーズとスティック蒲鉾シリーズを、衣をつけてジュッ!!と こんがりサラダ油で揚げてみました。 ビールも旨いし…

きょうは家呑み、でっす!

きょうは昼まで寝てしまいました。 ほんの少し後悔しました。 ちょっぴり肌寒さを感じ布団からでられない日々がはじまろうと…

秋の味覚 かまぼこカンタンドリア

秋の実りシリーズ 露時雨(ほうれんそう・長芋・ごま)と、蓮根かまぼこを使って簡単ドリアを作ってみました。 夕べの残りご…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。