E width=    
こんなことがありました。 まだ兄が結婚する前で、実家で家族5人一緒に生活をしていた頃。 兄が結婚式の引き出物としてワインをもらってきました。 しかし、母にとってワインなんて開け方すらわからない飲み物。 よほど扱いに困ったのでしょうね。 おしゃれなワインは、しばらく殺風景な台所のコンロの下の棚で、しょう油や みりんと一緒にしまわれていました。
わたしの休日とわたし

私が「BLUE WINE」になった理由。

こんなことがありました。

まだ兄が結婚する前で、実家で家族5人一緒に生活をしていた頃。
兄が結婚式の引き出物としてワインをもらってきました。
しかし、母にとってワインなんて開け方すらわからない飲み物。
よほど扱いに困ったのでしょうね。
おしゃれなワインは、しばらく殺風景な台所のコンロの下の棚で、しょう油や
みりんと一緒にしまわれていました。

ある日、母が言いました。
「そういえば。前に引き出物でさ、ワインやらなんやらもらったよ。」
兄はワインを飲まないし、ずっと台所においてあるから飲みたかったら飲んで
いいとのこと。
「そう、ワインね~。何ワイン?赤?白?」
と訊ねると、母はこう答えました。

 

「青。」

・・・・・・。
確かにボトルは青い。だけど青いワインって・・・。
一応確認しましたが、どっからどう見ても赤ワインでした。

「お母さん、ワインってさ、赤とか白とかじゃない?青ってのはないと思うん
だけど。」

母は、そんなこといわれてもわかんないわよ~といった感じで少しの恥じらい
もない表情。
話を聞いていた父と兄は、驚きと呆れで言葉もない。

そういえば昔、パスタに使って、残った白ワインをみて私が「これ飲めばいい
よ。でもお酒だからね。」というと、

「えー!これお酒じゃないってー!!ははは!!」

と笑った母。
どうやら、ワインはしょう油やみりんと同じ、「調味料」のような存在だと思
っていたようです。

ワインは調味料じゃないってこと。
ワインはお酒であるということ。
青いワイン「BLUE WINE」なんて、ないってこと。

そんなことも知らずに、母は50年余り生きてきました。
いや、知っていたけど忘れたのかもしれません。
そんな母を、私は少し恥ずかしく感じるのですが、
夜遅くまで美容師の仕事に必死になって、家事もこなして。
仕事を引退してからも、いつまでもスネをかじり続ける娘の世話に必死になっ
て。
お酒が飲めない父とゆっくり食事を楽しむ機会も少なく。
ゆっくりワインを飲む時間なんて、なかったのかもしれません。

そんな母も、今は専業主婦。最近は絵を描くことに熱中しています。
「私の休日」と美味しいパンをお供に、
今日は「芸術の秋」を楽しむとしましょうか。
何度教えても正面を向いたコスモスしか描けませんが
今日は辛抱強く付き合いますよ。


ねぇ、これはワインのようだけど、お酒じゃないよ、お母さん。
これならお酒が苦手な父とも一緒に飲めるよ。
そして「青ワイン」なんてないって、わかってくれたかな?
今度、兄ちゃん夫婦が帰ってきたら、またみんなで飲もうね。


BLUE WINEさん
「たべるの」のアイドル的存在BLUE WINEさん。「ウチのごはんはダメごはん」では、ちょっぴり(?)料理が苦手なお母様と格闘する娘の日常を、ユーモアと愛情たっぷりに綴っています。随所に散りばめられた富山弁に親近感を持つファンも多し。

ウチのごはんはダメごはん http://www.taberuno.com/bluewine/index.php

 
私の休日ホームページ
わたしの休日とわたし  2008年10月15日 11:06

コメント(2)

こんにちは、トンボ飲料「私の休日」事務局です。

BLUE WINEさま、すてきな休日レポートをありがとうございます。
まるでエッセイを読んでいるような、ほんわかした気持ちになりました。

そして、BLUE WINEさまのお名前の誕生秘話と一緒に
「私の休日」をご紹介いただいてとても嬉しいです。
青いワイン(!)、ボトルが青くて、未開封の状態だと
中身の色が分からないかも・・・しれないですね。
でも、そのお名前の由来を拝見して、
お母様ととても仲の良い様子が伝わってきました。
これからも仲良く、お元気にお過ごしくださいね。

「私の休日」がBLUE WINEさまとお母様の“芸術の秋”に
彩りを加えることができたら幸いです。

posted by トンボ飲料「私の休日」事務局  2008年10月23日 12:28

トンボ飲料「私の休日」事務局  さま★

こちらこそありがとうございました!
初めての味わいの「私の休日」を飲んで、
母もご満悦でした。
お酒が飲めない父も横から入ってきて
「大人の味やね~」と、お酒を飲む楽しみを
感じてくれたようです。

あっという間に飲み干した「私の休日」のボトルは
お茶の間の棚に飾られており、
母がザクザク花を生けています。

今度はそれを絵に描きたいようですが、
画力がついていけるかどうか・・・。
まぁ長い目で見守ろうと思います。

このたびは私たち家族にステキなひと時をくださって
本当にありがとうございました!

posted by BLUE WINE  2008年10月24日 15:05

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

翠田社長@トンボ飲料

こんにちは、トンボ飲料社長の翠田です。 皆さんはどんな休日をお過ごしですか?たべるので皆さんの休日をご紹介下さい。
「私の休日」が豊かな暮らしのエッセンスになれば幸いです。
よろしくお願いします。
トンボは豊かな自然環境でのみ生まれ育ちます。
私たちトンボ飲料は、美しく豊かな自然環境から与えられた貴重な水質を守り、 製品に生かしたもの作りをすることを「トンボ」という名に託した企業なのです。
これまでの投稿一覧

頬笑みが零れるとき

「わたしの休日」 ひとくち口に含めばホーっと気持ちが解れ ガチガチに強張っていた頬の筋肉の存在にハっと気がつく。 初め…

地中海風「私の休日」

何も予定のない日曜日の午後。 友達に電話して長く話し込むのも、カフェでお茶するのも大好きなわたしですが、普段、自宅にい…

いつものランチを特別なひとときに♪

自宅の中に仕事場がある私は、毎日の食事はもちろんほとんど自宅のダイニング。 現在妊婦でつわり真っ只中の私は、最近すっか…

乾杯の音

思い出すだけで心がウキウキする時間の事を、「私の休日 カベルネ・ソーヴィニヨン」を飲みながら書きたいと思います。私が一…

わたしの毎日の中の私の休日

仕事を終えて、保育園へ息子を迎えに行き 家に着いたら、さーて、夜ご飯の準備だーー こんな毎日の私の午後。 仕事後の休息…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。