E width=    
5月20日金曜日、銀座にある丸美屋さんのオフィスに、 たべるの「丸美屋くらぶ」に参加した7名のメンバーが集まりました。 「美味しいごはんについて」日頃考えていることを、みんなで語り合うためです。 丸美屋さんからは、宣伝広報、営業、マーケティング、商品開発からお一人ずつ参加していただきました。
丸美屋ファンミーテイング レポート

「レトルトは、手抜きかしら?」

5月20日金曜日、銀座にある丸美屋さんのオフィスに、
たべるの「丸美屋くらぶ」に参加した7名のメンバーが集まりました。
「美味しいごはんについて」日頃考えていることを、みんなで語り合うためです。
丸美屋さんからは、宣伝広報、営業、マーケティング、商品開発からお一人ずつ参加していただきました。

ゲストは昨年第三期のメンバーでもある山本侑貴子さん。
「丸美屋でキッズ・パーティー」をテーマにしたコーディネートも披露していただきました。さぁ、和気あいあいとたいへん盛り上がったミーティングの様子を、どうぞご覧ください!



  出産直後、とても大変な時期を丸美屋が助けてくれました。丸美屋を使ったアレンジレシピを楽しみました。主人との食事です。  

 
 
  とにかくユニークなアイディアいっぱいでしたね!  

・クリームチーズ+梅茶漬け→ワインのつまみ
・混ぜ込みわかめを使ったパン→生地に混ぜ込む
・タジン鍋+クスクス、ゆで鶏でシンガポールチキンライス等→中華でエスニック風

 
  丸美屋でご当地グルメ、もいいですね!  

 
 
  業務営業でも、望まれているのは、新しい魅力的なメニューなんです。  

 


  丸美屋でカンタンにすませる母と子だけの夜もあるけれど、ダンナのいる夕食は、もうひと手間。
丸美屋でごちそうを作る。常備野菜やストック食材との組み合わせで工夫しています。
レトルトとは言うものの、野菜をたっぷりとれるごちそうメニューができます。
 

 
  目片さんの麻婆春雨で作った春巻き、あれ凄いアイディア!」  

 
 
  手間が掛からない?  

 
  春巻って面倒ですもんね!  

  具材をイチから作るのは大変だから麻婆春雨を使ったの。カンタンよ。  

 
 
  一工夫とか、一手間のとらえ方って、随分と個人差があるんですねぇ(笑)  




  レトルトは手抜きかしら?母は料理をイチからきっちり作る人だったこともあり、なんとなく罪悪感。 でも、嬉しかったのは、主人が初めて丸美屋を使って料理を作ってくれたこと。
息子もお手製のエプロンで2回も料理を作りました。男子厨房に入らず!の我が家でこれは画期的(笑)
・ふりかけ大好き。手のりたまシリーズを
 いつも食 卓に並べています。
・うちは辛い物が大好きなんです。
 もうちょっと辛くてもいいかな?
 

 
  七味芳香は本格的ですよね  

 
 
  香辛料がバシッと効いてる!  

  あ、それ、近所のスーパーで手に入らないの!なんとかしてぇ。  




  食の細い男の子を持つ母親です。丸美屋の中華シリーズは、そんなうちの子の食がすすむ。 うちは結構レトルト使いますよ~。便利だし、子供も食べてくれるので。 娘がデザートを作ってて言うけどわたしは苦手。ハウスのフルーチェとかならなんとか(笑)。
・丸美屋でもっとたくさんの種類の
 デザートを作って欲しいな。
・おもちゃメーカーのチョコフォンデュのグッズ、
 噴水みたいにチョコが出るの。
 

 
 
  わぁ~、それ楽しそう!  

 
 
  おもちゃやさんが考えた「ドリア」もあって、最後にぷーっと膨らむんです。
美味しいだけに終わらない、楽しさをプラスするのがおもちゃ屋さんなんですね。
 




  一人暮らしで仕事も忙しいので、料理はぱぱっと作りたい。そんなわたしに丸美屋は本当に重宝。
手軽でおいしい。野菜をたっぷり摂れる。ビールにも合うし。でもちょっと味が濃い?レシピよりかなり野菜を足してちょうどいい感じ。
 

 
 
  地域によりますね。味の濃い薄いは。  

 
 
  丸美屋としては、白いご飯がすすむ味。  

 
  野菜の量で調節すると良いよね  

  野菜がいっぱい食べられる、という意味ではヘルシーですよね。レトルトって逆のイメージがありましたが。  

 
  ヘルシーというところ、もっと押し出せばいいのに  

 
 
  パッケージに書いてある。野菜が美味しく食べられるって  

 
  今、気が付いた!(一同笑)  




  麻婆豆腐が大好きです。独身時代からずっとファンでした。
ちょっぴり濃い目の丸美屋のお味を、息子が喜んで食べます。野菜も食べてくれます。
 

 
 
  うん、うちもそうかも  

 
 
  お酒と一緒でも、ちょっと濃いめがいいですよ(笑)  




  家族で海外生活してました。ホームパーティーは頻繁に開催します。丸美屋も活躍しましたよ。
義母にレシピを聞かれて「実は丸美屋の...」とネタを明かしました(笑)。
ホームパーティーのポイントは
1.おいしいものを
2.準備はカンタンに
3.ちょっとおしゃれなアレンジで
4.家族と一緒に。
カロリー表を見てみると、意外に低カロリー。ダイエットにも良いんじゃない?
 

 
 
  麻婆もやしの'蒸して和えるだけ'は目からウロコでした!  




  フルタイムで働いていて、帰宅は6時半とか7時。幼い子供を9時に寝かせるので約2時間は戦争。
夕食の準備は、朝かなりの部分を済ませておく。 一週間のまとめ買いした食材と丸美屋との組み合わせを考えるアレンジレシピ。
わたしにもちょっと味が濃いので、たっぷり野菜を足して使っています。
・野菜嫌いな家族が野菜を食べるようになった。
・ゴマシオくん大好き。
 コレを見せると機嫌良くごはんを食べるの。
・でも、子供が掛けると、ドバッと出ちゃう。
 口の大きさを工夫して!
 

 
 
  お客様相談にも同じ意見が寄せられています。対策検討中です  





  のりたま発売50周年です。長い間日本の親子に愛されてきました。  


  山口県から横浜に嫁いできました。料理は不慣れだったので、毎日のメニューを考えるのが一苦労。
・アレンジレシピの紹介がありがたかった。
・2人暮らしなので、小分け商品はたすかりました。
・特に「釜めし」細々と具材を用意しなくて
 良いから本当にたすかります。
・レトルトは身体に悪いと思っていたけど、
 そんなことはないかも。
・レトルトも利用する料理教室を開いたら
 いかかがですか?
 

 
  家庭料理はますます大切になっていきます。レトルトも利用する料理教室賛成!  


  料理教室って全部自力で料理することを目指しているけど、そうじゃない料理教室があってもいい。だって現代社会は忙しいし、生活もどんどん変わってきている。わたし達のお母さんや、そのまたお母さんとは、違うリズムで生きているのですから。新しい暮らし、新しい家庭料理。それを作っていきたいですね。  


  昔はお洗濯も洗濯板で、全部人がやってたわけですよね。それが今は、機械に助けられている。料理だってそう。料理だけは全部イチから手作りしなくちゃいけないとわたしは思っていません。毎日本当に忙しいから普段の食卓はなるべく簡単に手早く済ませています。丸美屋商品や他社の加工食品も使いますよ。パッと作って後は家族とゆっくり話したいの。
・息子や主人とのコミュニケーション。
・ゆっくりとワインを楽しむ。
食卓は家族と楽しむ場所。
花を飾ったり、いい食器に盛りつけたりして、食卓を演出する。その演出も料理なのです。
 


  そうですよね。洗濯機があるのと同じように、レトルトを使ったり。料理もいろんな物に助けて貰っていいんですよね。そう考えると、レトルトや加工食品を使うのは、わたし達の工夫のひとつ。工夫をして節約して生まれた時間を、さらに楽しい幸福な食卓のために使う。それって幸せを作ること。  

「丸美屋さん。これからも、便利な商品、美味しい商品、たくさん作って下さいね!」



コメント(1)

シンガポール チキンライスのレトルトパックはありますか?

posted by カワシマ タカシ  2011年11月30日 19:08

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

のりたま@丸美屋

みなさんこんにちは。のりたま@丸美屋です。たべるの「丸美屋くらぶ」がスタートしました。参加メンバーの皆さんと、おいしくごはんを食べる工夫やアイディア、そして丸美屋の商品の活用法などを、食卓の風景と供にどんどん紹介していただきたいと思います。
丸美屋は、ごはんが大好きな会社で、ごはんを美味しく食べることに全力をあげている会社です。みなさんと一緒に「おいしいごはん」の話をしたいと思います。みなさんもこの「たべるの」で丸美屋について再発見してください。
これまでの投稿一覧

丸美屋ファンミーテイング レポート 「レトルトは、手抜きかしら?」

5月20日金曜日、銀座にある丸美屋さんのオフィスに、 たべるの「丸美屋くらぶ」に参加した7名のメンバーが集まりました。…

丸美屋 ファンミーティングに参加しました

先日、丸美屋さんのファンミーティングに参加させていただきました。沢樹舞さんや山本侑貴子さんも参加されるとあって、私はもう…

ファンミーティングレポート

ただの新米主婦がメーカーの方と直接話しをさせていただく機会をいただきました。本当にありがとうございました。当日は、山本侑…

丸美屋ファンミーティング〜その後の我が家

我が家にとっての丸美屋さんは、私や子供達にとってもお馴染みの商品がたくさん!息子がもっと小さい頃、大好きでリピート買いし…

丸美屋くらぶファンミーティング感想レポート

『ファンミーティング』果たしてどんな会になるのだろう?これまで『たべるの』の多数の企画に参加させていただいて、舞さんの趣…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。