E width=    
コーナータイトル

音楽のあるテーブル Vol. 1 秋とショパンと紅茶と・・・

家でたべるの デザート  紅茶  音楽 

近所の街路樹が、金色に染まり始め、秋の気配が日ごとに濃くなってきた。
肌にあたる空気や日の光もやわらかく、空はやさしい表情している。
この時期になると、無性にショパンが聴きたくなる。

私の専門は、クラシック音楽であるにも関らず、
一時期、全く音楽を聴かずに過ごしていたことがあった。
自分が弾く曲の録音を聴いていると、解釈に戸惑いが生まれてしまうことが多かったこと、また、音楽を研究資料として扱わなければいけない時は、そこから何かを見出そうと真剣に聴くため、好きな音楽なのに逆に疲れてしまったりしていたためである。
もちろん、お店の中で、音楽がかかりっぱなしになっていると、落ち着かないことも多々あった。
そんなこんなで、丸5年くらい、ほとんど家で音楽を聴くことはなかったのだ
が、最近、やっとBGMとして、気楽に音楽を楽しめるようになってきた。
軽いクラシック音楽やピアノのみの静かなジャズ、このごろは、ボーカルの入ったものにも挑戦しているところ。

秋のちょっぴり淋しい空気にピタリと合うのが、ショパンのノクターン。

ノクターン=夜想曲、詩的な訳ですね。

おすすめのピアニストは、ポルトガル人のマリア・ジョアオ・ピリス。
彼女のピアノは、ショパンと夜想曲という、絶妙の組み合わせであるロマンティシズムを、深く、甘く、ピュアに伝えてくれる。
形式に捕らわれず、個人の内面的な感情を、音楽に表現することを主としたロマン主義時代の作品は、とても人間的で、温かみに溢れている。
繊細な心を持っていた、ピアノの詩人ショパンのピアノ作品は、感情過多になりすぎる一歩手前のところで、心地のよい抑制が効いていて、弾いていても聴いていても、惹きこまれてしまう。

ゆっくりとショパンの世界に浸りたい。
そんな気分のときのお供は、紅茶が一番。
今日は、さらに紅茶をひとひねりして、秋のデザートとして、ロイヤルミルクティープリンを作ってみた。
濃厚なアールグレイのプリンと、ショパンのピアノを、秋の息吹を感じながら、味わってみてください。


ロイヤルミルクティープリン  
【材料】カップ6個分  
 ゼラチン 10g
 水 大さじ3
 アールグレイ茶葉 大さじ3
 水 200cc
 砂糖 大さじ6(黒砂糖があれば望ましい)
 牛乳 350cc
 生クリーム 50cc

【作り方】

  • ゼラチンを水大さじ3でふやかしておく。
  • なべにお湯を沸かし、茶葉を投入して蓋をし、火から降ろして5分。
    じっくりと紅茶を抽出する。
  • 再びなべを火にかけ、砂糖、牛乳と生クリームを注いで、軽く温める。
    沸騰直前で、火を止め、ゼラチンを投入して、しっかりと溶かす。
  • 目の細かいざるでこし、容器に分けて、冷蔵庫で5時間冷やす。


ポイント
紅茶を抽出するのは、お湯のみで行ってください。
最初から牛乳を使用すると、抽出がうまくいきません。

Mutsumi  2008年10月27日 23:40

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

Mutsumi


性別:女
スペイン、バルセロナ在住。
ピアニスト、スペイン芸術研究家。
レシピコンクールに入賞経験あり。

地中海の伝統料理の簡単アレンジ、海外で作る日本食など、美味しい便りをお届けします。
これまでの投稿一覧

女子会@スペインは可愛らしいセッティングで

お久しぶりです。 このところ、昔からの常連ライターさんたちが復帰して記事を書かれているのを見て、わたしも!と重い腰?…

地中海式★夏野菜ダイエット

みなさま、暑中お見舞い申し上げます。 しばらくぶりの投稿になってしまいました。 イースター週間が終わると、ヨーロ…

ゆるやかに迎える朝

ヨーロッパは、サマータイムに入りました。 日本との時差は、7時間。 これから夏に向かって、日照時間が長くなり、20時をす…

Birthday Party ☆2009

週末に、お世話になっている夫妻を招待して、バースデーパーティを開きました。 パーティといっても、わたしの場合は、おうちご…

幸せ色のティーパーティ

風は冷たいけど、穏やかな日曜日の午後。 日ごろお世話になっている女性とそのお嬢さんを招いて、ガールズパーティ。 世代…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。