E width=    
コーナータイトル

鶏肉とキャベツのカレー煮

家でたべるの カレー風味  キャベツ  レシピ  白ワイン  鶏肉 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日は山盛りのキャベツをカレー風味の鶏肉で煮込みます。

身近な食料品がどんどんと値上がりするご時世ですが、
野菜は比較的お値段が安定していていて本当にたすかります。
中でもキャベツは、かなりお安い!
しかも今の季節はキャベツも美味しいから、これを使わない手はありませんよね。

ということで、今日はたっぷり半玉のキャベツを、
カレー風味の鶏モモ肉でさっと煮込んだ簡単料理をご紹介します。


「鶏肉とキャベツのカレー煮」

【材料】  
 
 鶏モモ肉 1枚(約300g)
 キャベツ 1/2玉
 カレー粉 大さじ1〜2
 ケチャップ 小さじ1
 白ワイン カップ1/2
 スープ カップ1
 (カップ1のお湯にブイヨン1コを溶かしたもの)
 小麦粉、塩、胡椒、白だし 各適宜
 セージ 1枝(あればで可)
【作り方】
photo
1. 鶏肉は大きめの一口大に切り、塩、黒胡椒、カレー粉、小麦粉の順でまぶす。この時の塩はしっかりと。
photo
2. フライパンでオリーブオイルで潰して粗く刻んだニンニクを炒め、香りが出たら鶏肉を皮目から焼き付ける。火加減はやや弱めの中火で。
photo
3. 煮込み鍋に粗く刻んだキャベツを敷いて、その上に2の鶏肉を乗せる。
photo
4. 白ワインとスープ、ケチャップを加え、セージと一緒に、フタをして中火で煮込む。
5. 途中で味見をして、塩分が足りなければ、白だしを加える。薄味がお好みならば、なくても可。
6. キャベツがしんなりして、鶏肉に火が通ったら出来上がり。
   

1/2玉って多いんじゃない?
でも、鶏肉の旨みとカレーが染みこんだキャベツは、
かさもぐ〜んと減っていくらでも食べられちゃうから不思議。
くたっと煮たキャベツって本当に美味しいですよね!


で、合わせたワインは...

「アラン・ブリュモン」
ガスコーニュ・ブラン 2007

フランス西南地方「マディラン」地区は、ボルドーの奥のほうに位置し、古くからブドウの栽培地として知られていますが、長らく正当な評価をされてきませんでした。
そんなマディランの真の実力を世に知らしめたのが、アラン・ブリュモンです。
このシリーズは、ブリュモンがガスコーニュ地区で作るワイン。
同じくボルドーの近隣地区で、近年、注目を集めるエリアです。
グロ・マンサン種50%、ソービニヨン・ブラン50%

西南地方の伝統品種グロ・マンサンの豊かなアロマと、
ソービニヨン・ブランの凛とした酸とミネラルが魅力的なワイン。
きりっとした中に南国の果実のようなリッチさもあり、余韻も長い。
料理を美味しくしてくれるとてもバランスの良いワインです。


カレー風味に負けないしっかりとした飲み応えがあって、
食が進んでホントに困ります...。
ま、いつものことですが(笑)

沢樹 舞  2008年10月15日 13:00

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …

グラタン・ドーフィノワ

グラタン・ドーフィノワ...ちょっと聞き慣れない料理名だと思いますが、 要はじゃがいものグラタンです。 ドーフィ…

パクチーパスタ

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「パクチーパスタ」を動画でご紹介します。 巷で大人気の香…

豚ロースとレモンのポットロースト

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「豚ロースとレモンのポットロースト」をご紹介します。 「お鍋…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。