E width=    
コーナータイトル

赤ワインと一緒に「サワキさんちのハーブつくね」

家でたべるの ハーブ  レシピ  赤ワイン  挽肉 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日は生ハーブを使って赤ワインに合うつくねを作ります。

実はわたしの得意料理のひとつがハンバーグ。
ナイフを入れると、中からじゅわ〜っと肉汁が溢れてくる...のが理想。
http://www.taberuno.com/sawaki/89.php
でも、少々凝ったレシピなので、作るのは結構タイヘンなのです。
友人や家族に「ここ一番!」と言うときに振る舞うのですが、
普段のごはんではちょっとしんどいな〜というのが正直なところ。

これは普段、とっても気軽に作れるレシピ。
ゴロっとした食感を楽しむので、敢えて「つくね」と呼んでます。
生のハーブをたっぷり入れて、イタリア風(?)に仕立てるのがミソ。


「サワキさんちのハーブつくね」

【材料】2人前  
 合い挽き肉 200g
 タマネギ 1/2コ(粗いみじん切り)
 卵 1コ
 パン粉 大さじ2(同量の牛乳でふやかしておく)
 ニンニク 1〜2カケ(芯を取ってみじん切り)
 生ハーブ 下記参照
 塩、胡椒、オリーブオイル 各適宜

ハーブは是非フレッシュを。
タイム、ローズマリーを各2〜3本。
枝からはずして、葉を粗く刻んでおく。

【作り方】
photo
1. ボウルに挽肉を入れ、刻んだハーブ、タマネギを加え、塩、胡椒、オリーブオイルをやや強めに振る。
photo
2. 全体をざっくりと混ぜた後、ラップをかぶせて、冷蔵庫で1〜2時間寝かせる。寝かせる時間は長いほど美味しくなる。1〜2日後でもOK。
photo
3. 寝かせておいたタネに、卵とパン粉(ふやかした時の牛乳と一緒に)を加え、ざっくりと混ぜる。
photo
4. 小さめの小判型にまとめる。
photo
5. フライパンを熱しオリーブオイルを入れ、タネを入れる。その際に指で押して溝を作ると火が通りやすい。両面を色よく焼き上げて出来上がり。
   

お肉にしっかりと塩やハーブを入れているので、
ソースは必要ありません!!!


その代わり...是非ワインと一緒に召し上がってください。

グレープス・イン・マイ・マインド
「フェッセニーノ」

スペインの銘醸地である
リベラ・デル・ドゥエロ地区で生産されているワイン。
ワイン名の「フェッセニーノ」とはラテン語由来の言葉で「森に住むいたずら好きの妖精、小さな小悪魔」という意味なのだそう。
ラベルに描かれている可愛い妖精のこと、なのですね!

このフェッセニーノ、最初の一口の印象は
「まるでブドウをそのまま頬張ったみたい!」
そのくらいにフレッシュでジューシーで美味しいの。
そして時間が経つにつれ、徐々に深さや奥行きが感じられていく。
重々しさとは無縁ですが決して軽くはなく、
充実した果実の旨みを味わえるようなワインです。

クセが無く素直な味わいのフェッセニーノは、
シーンを選ばず様々なお料理とのマッチングを楽しめるワイン。
ハーブを利かせた肉料理とも自然なハーモニーを奏でます♪


沢樹 舞  2008年11月 4日 22:10

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …

グラタン・ドーフィノワ

グラタン・ドーフィノワ...ちょっと聞き慣れない料理名だと思いますが、 要はじゃがいものグラタンです。 ドーフィ…

パクチーパスタ

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「パクチーパスタ」を動画でご紹介します。 巷で大人気の香…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。