E width=    
コーナータイトル

「塩豚」を作りましょう!

家でたべるの レシピ  豚肉  保存食 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
我が家の「塩豚」作りをご紹介します!

ゆで鶏と並んで、なにかと重宝するのが「塩豚」。
500kgはあろうかという巨大な三枚肉を買ってきて、
ちょちょいと塩をまぶして下ごしらえしておけば、
あとはお肉が勝手に美味しくなってくれる。
冷蔵庫の無い時代の知恵なんでしょうが、昔のヒトは凄いなぁ。

たっぷりの塩が肉の水分を吸い取って、旨みをぎゅっと凝縮させる。
これ、塩と時間のマジック。
フレッシュな肉とは一味違う、深みのある美味しさになるんですね。


では、さっそく作っていきましょう!


たっぷりの塩を
肉全体に刷り込むようにまぶします。
小一時間ほど、ザルの上で放置。

ペーパータオルで包んだあと、
さらにラップで包み、保存袋に入れ冷蔵庫へ。


3〜4日後あたりが食べ頃です。


「塩豚」は、なんといっても、美味しい塩で作りたいですね。
翌日など早めに食べたいときは粒子が細かい塩、
じっくりと寝かせるならば大粒の塩。
塩の量が少ないと味がボケてしまいます。大胆にたっぷり使いましょう!


さぁ、数日後、いよいよ塩豚をいただくわけですが、
一番簡単で一番美味しいのは、やっぱり「ゆで豚」です。

塩豚を軽く水で洗って塩を落とした後、水から静かに茹でていきます。
ポイントはゆで鶏の茹でたかと同じ。
・強火でグラグラ茹でないこと。
・中まで火が通ったら、火を止めて鍋の中でゆっくり冷ますこと。

ゆで汁の中で冷ますことで、水分や旨みが肉に戻り、
ふっくらジューシーな仕上がりに!!!


あとは、お好みの厚さにスライスして、お好きな野菜を盛りつけたら、
立派なメーンディッシュが出来上がり。

お肉を葉野菜でくるんで柚子胡椒を付けるのが、大のお気に入り。
カボスを絞ってだし醤油でいただくのも好き。


なにしろ、塩豚は一度に大量に仕込むので、
この「ゆで豚」を始め、いろんなお料理に作ります。
お肉を包んだペーパーを取り替えれば、1週間は保ちますし、
ゆでた塩豚をゆで汁と一緒にストックしてもOKです。


皆さまも是非、いつも冷蔵庫に「塩豚」を!!!

沢樹 舞  2008年2月 4日 23:26

コメント(4)

沢樹さん~
塩豚っぽいもの 作ってみました~!
すごいおいしかった♪
すばらしい レシピのご伝授 ありがとうございます。
とても光栄です。
まさに 時間と塩の マジック!!!
ふ~ん なるほどね・・・自然に 硝酸塩ができて
お肉が 天然ハムになったのかな?

お肉の合成加工ものが NGな わが家にとっては
救世主!
しかも お塩まぶすだけなんですよね~・・・
これはいただきですよぉ

塩豚っぽいとは 実は今回は 豚ヘレブロックで やってみたからです。
次回は 脂のあるところで やってみよっと!

沢樹さん、500kgもの お肉でされるのですか・・・?

posted by しんが ゆか  2009年1月 9日 09:31

ゆかさん、塩豚お役にたって良かったです!

今度は是非、脂身たっぷりの三枚肉でやってください。
できればちょっと「いい豚肉」で。
三枚肉で作った塩豚を茹でると、豚肉の魅力って「脂身」なんだ!!!
って気付きます。
そう、トロッとした脂が美味しいんです。
上質な豚肉ほど、この脂にクセが無く、くどさも無く、甘いんです。
是非是非〜〜♪

で、ご質問の件ですが、いつも500g楽勝です!(笑)
塩豚はかたまりを一度に茹でて、1人で半分はペロリと食べます。
残りはゆで汁につけたまま冷蔵庫で保存して、
やっぱり翌日にはぺろり。
・・大食いネタで、すみません(汗)

posted by Maimai  2009年1月11日 23:28

「ゆで豚カツ」を見て、作ってみようと思い
「塩豚」のページにきました。
豚三枚肉500kg!??
一瞬単位がわからなくなってしまいました。
もちろん500gの間違えでしたね。
昨日、お肉を買ってきたので
塩豚を作って、ゆで豚カツもやってみます!

posted by けいまる  2009年5月18日 13:59

香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

posted by 名無しのリーク  2018年3月18日 07:56

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

2018年のたべるのご挨拶

本年最初の動画は畑からお届けします。 2018年、たべるのはリニューアルを行います! 楽しく幸せな食サイトと…

サバのもち麦入りトマトソースパスタ

最近、弊社では、にわかにダイエットがブーム! 「食べる」を探求する「たべるの」がダイエット...というのは、 ち…

タコのもち麦ごはん

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は巷で人気沸騰の「もち麦」を使った炊き込みごはんを作ります。 …

らっきょうのフリット

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日ご紹介するのは、今が旬の「らっきょう」で作るフリットで…

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。