E width=    
コーナータイトル

ブリのグリル ブルーベリーと赤ワインのソース

家でたべるの ブリ  ブルーベリージャム  レシピ  赤ワイン 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日はいよいよ旬のブリで赤ワインにぴったりな一品を作ります。

師走に入り、海が荒れ、激しい風雨と共に雷が鳴ると、
故郷富山では「いよいよ寒ブリの季節がやって来たぞ」を沸き立ちます。
初冬の雷を「鰤おこし」と呼んで歓迎するのも富山の冬の風物詩。
どうやら今年は豊漁になりそうだと期待が高まっているようです。

ということで、今日はそんなブリを使った一品。
なんとブルーベリージャムと赤ワインのソースでいただきます!

「ブリのグリル ブルーベリーと赤ワインのソース」

【材料】  
  ブリ 2切れ
  白ワイン 少々
  塩、コショウ、オリーブオイル 各適宜
  ソース  
赤ワイン 大さじ3
    ブルーベリーソース 大さじ2
    バルサミコ酢 大さじ1
    だし醤油 大さじ1
    ハチミツ 少々
  ルッコラ 適宜
【作り方】
photo
1. ブリの臭味を取る。全体に塩を振ってしばらく置き、表面に水分が浮いてきたら白ワインを振りかける。ペーパーで血合いなど一緒に丁寧に拭き取る。
photo
2. フライパンに薄くオリーブオイルをひき、塩コショウをしたブリを色よくグリルする。
photo
3. ソースを作る。小鍋に材料の素材を全て入れ、半量以下、粘度が出るまで煮詰める
4. 焼き上がったブリを器に盛りつけ、ルッコラを添え、ソースを掛けたら出来上がり。
   

ブリにブルーベリーソース、って驚きましたか?
要は「照り焼き」のタレにほんの少し果実の酸味を加えるイメージ。
なのでソースは「甘酸っぱさ」と「塩分」のバランスが決め手。
最近のジャムは低糖のものが多いので、ハチミツで甘さを加えてください。
ちなみにわたしが使ったジャムは糖度45度で、ハチミツを小さじ1程度加えました。

下処理は必ずしてくださいね!仕上がりがまるで違います。
白ワインが無い場合は酒でもOK。この一手間で臭味やクセが消えます。

合わせたワインは...

セラー・エスペルト
テレス・ネグロ

お馴染み「エスペルト」を代表するアイテム。
カリニーニャ(カリニャン)とカベルネ・ソーヴィニヨンというブレンドです。
完熟したブドウの凝縮感。甘く複雑でスパイシーな香り。滑らかな口当たりと長い余韻。どれを取っても素晴らしく贅沢な1本です。

テレス・ネグロとはエスペルトの畑で見られる「黒い土」という意味。
非常に豊かなボディとパンチを持っているのですが、とてもスムースな味わいで、
あれこれと料理に対するイマジネーションが湧いてくるようなワインです。
わたしはこのワインの凝縮感から、パッとブルーベリーのジャムを連想しました。
そして微かに感じる鉄分は、肉よりもむしろブリだなぁ、と。

こういうのは、ワインから発想するレシピの代表例ですが、
ブルーベリーソースとブリ?と引いちゃわないで(笑)、
照り焼きのタレの進化系と考えて、是非お試しになってください。
赤ワインと一緒なら、照り焼きより、わたしこちらが好きです(キッパリ!)

沢樹 舞  2010年12月13日 20:15

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

2018年のたべるのご挨拶

本年最初の動画は畑からお届けします。 2018年、たべるのはリニューアルを行います! 楽しく幸せな食サイトと…

サバのもち麦入りトマトソースパスタ

最近、弊社では、にわかにダイエットがブーム! 「食べる」を探求する「たべるの」がダイエット...というのは、 ち…

タコのもち麦ごはん

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は巷で人気沸騰の「もち麦」を使った炊き込みごはんを作ります。 …

らっきょうのフリット

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日ご紹介するのは、今が旬の「らっきょう」で作るフリットで…

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。