E width=    
コーナータイトル

くたびれたほうれん草を「ぴん!」と元気にする方法と保存法

家でたべるの ほうれん草  レシピ    野菜を元気にする  保存方法 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日はほうれん草を「ぴん!」と元気にする方法をご紹介します。

畑をやって、気が付いたことがあります。
収穫したばかりのほうれん草や小松菜が家に着く頃にはしな〜っとしてる。
スーパーに並んでいるものより遥かに新鮮なはずなのに、
あちらは収穫して数日経てっるはずなのに、キレイなのはなぜなのかしら?

家庭菜園やっていて同じような疑問を持つ方も多く、
調べてみたら、要は収穫後の「湿度の管理」に原因があったみたいです。

市場に出荷するプロの農家さんは、収穫した葉物を整然と揃えて、
泥を落としたり根っこを切ったりして束ねていきます。
わたし達も石井さんから「作る」方法を教えて貰ったので、
収穫後は作業小屋の前に腰を下ろして束を作って持ち帰ります。
そうすると、まるで「売り物」みたいに立派に見えるから不思議。

でも、それでも家に着く頃には「しなー」となってしまう葉物達。
要は「喉が渇いた」状態なんですね。
なので、まずは束ねてあった紐を解いて、根本をたっぷりの水に浸します。

小一時間もたったら、驚くほど元気を取り戻したほうれん草や小松菜。
葉っぱがハリやツヤを取り戻し「ぴん!」と勢いづいています。
この状態を、少しでも長く保たせるためのコツは、湿度を保つこと。
せっかく補給した水分を、蒸発させないように新聞紙にくるみます。
このとき、水気は切らず濡れたまま包むのがコツ。

新聞紙にくるみ、さらにポリ袋で覆って、立てた状態で野菜室へ。
こうすれば3〜4日間は元気な状態を保つことが出来ます。
見違えるようにパリッとするので是非お試しください。
 

さて、畑をやっている特権は、充分に育った野菜を収穫するのとは別に、
「おろ抜き」といういわゆる間引きをしたものを味わうことが出来ます。
葉物の場合、要は「ベビーリーフ」なので、柔らかさや甘さは格別です。
ほうれん草も、幼い葉は生のままで食べるのが一番!

ベビーリーフよりはちょいと育って「チャイルドリーフ」という感じですが、
ベーコンをカリカリに炒めてワインビネガーと和えたドレッシングで。
この瑞々しい香りと味わい、もう、たまりません!

「ほうれん草のサラダ」

沢樹 舞  2011年4月15日 10:06

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

2018年のたべるのご挨拶

本年最初の動画は畑からお届けします。 2018年、たべるのはリニューアルを行います! 楽しく幸せな食サイトと…

サバのもち麦入りトマトソースパスタ

最近、弊社では、にわかにダイエットがブーム! 「食べる」を探求する「たべるの」がダイエット...というのは、 ち…

タコのもち麦ごはん

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は巷で人気沸騰の「もち麦」を使った炊き込みごはんを作ります。 …

らっきょうのフリット

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日ご紹介するのは、今が旬の「らっきょう」で作るフリットで…

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。