E width=    
コーナータイトル

鶏肉と蕪とスナップえんどうの甘辛煮

家でたべるの レシピ  ロゼワイン  鶏肉 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日はワインに合う和のおかず「鶏肉と蕪とスナップえんどうの甘辛煮」。

ワインと和のおかず、特にロゼワインと和食の相性の良さは、
これまで何度かご紹介したと思います。
例えば「おでんにロゼ」などは代表的な組み合わせです。
しょう油をベースにした煮物にロゼを合わせることで、
普段のおかずがぐっと華やかにお洒落になるから不思議です。

今日はそんなロゼに合う和のおかずをご紹介しましょう。
季節の野菜をふんだんに使った簡単煮物です。

「鶏肉と蕪とスナップえんどうの甘辛煮」

【材料】  
  鶏もも肉 300g
  カブ(中) 3コ
  スナップえんどう 5本
  大さじ1
  みりん 大さじ1
  だししょう油 大さじ1
  オリーブオイル 大さじ1
  下味  
    大さじ1
    だししょう油 大さじ1
    生姜すり下ろし 大さじ1/2
    片栗粉 大さじ1/2
【作り方】
photo
1. カブは茎を3cm程残して皮を剥き半分に切る。スナップえんどうは筋を取って1分程度下茹でしてザルに上げておく。
photo
2. 一口大にカットした鶏肉をボウルに入れ、下味の材料を全て加え揉み込み、5分程度置いておく。
photo
3. フライパンにオリーブオイルをひき、2の肉を中火で皮目から焼き付ける。両面に焼き色が付いたらカブを加える。
photo
4. カブを軽く焼き付けたらペーパーで油を拭き取り、酒、みりん、しょう油を加え、蓋をして弱火で5分ほど煮る。
photo
5. 鶏肉に火が通ったら斜め半分に切ったスナップえんどうを加え、強火で汁気が無くなるまで炒め合わせる。全体にツヤツヤした照りが付いたら出来上がり。
   

下味を付けた鶏肉は焦げやすいので、焼き付ける際には中火で。
後で煮るので、表面に焼き色を付ける程度でOKです。
日本人なら誰もが大好きな甘塩っぱい味付けに仕上げました。

合わせたワインは...

セラー・エスペルト
「ジェドネール・ロサート」
スペインの作り手「セラー・エスペルト」。思えば大好きになったきっかけがこのロゼワインでした。さくらんぼのような甘酸っぱい香りがとてもチャーミング。ルビーグレープフルーツの酸味にイチゴの果実味がブレンドされたような、酸と果実味のバランスが素晴らしいのです。

久々にこのロゼを飲んで、やっぱり「美味しいなぁ」と思いました。
ロゼワインのひとつの理想形ですね。
そして和のおかずとの相性がとてもいい。
もちろん和食だけでなく、パスタにもいいし、ハンバーグにもいい。
家庭で作る料理のほとんどに合うんじゃないかと改めて。

沢樹 舞  2014年3月25日 16:14

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …

グラタン・ドーフィノワ

グラタン・ドーフィノワ...ちょっと聞き慣れない料理名だと思いますが、 要はじゃがいものグラタンです。 ドーフィ…

パクチーパスタ

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「パクチーパスタ」を動画でご紹介します。 巷で大人気の香…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。