E width=    
コーナータイトル

鶏モモ肉のグリルと新タマネギのカレーマリネ

家でたべるの カレー  マリネ  レシピ  赤ワイン  鶏モモ肉 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日は鶏モモ肉のグリルと新タマネギのカレーマリネを作ります。

年中出回るタマネギですが、新タマネギが出回る季節はちょっと特別。
いつもとは違った調理法、食べ方で、新タマネギを味わいます。
新タマネギの甘さ柔らかさは生で食べるに限ります。
今日はそんな新タマネギを鶏モモ肉のグリルと一緒にカレー風味のマリネにしましょう。

パンの上に乗せればちょっとした軽食に。
カレーが食べたくなったときにも、すぐに作れていいですよ。

「鶏モモ肉のグリルと新タマネギのカレーマリネ」

【材料】  
  鶏モモ肉 1/2枚
  新タマネギ 1/2コ
  カレー粉 大さじ2
  ハチミツ 小さじ1
  白だし 大さじ1
  大さじ2
  オリーブオイル 大さじ1
  塩、黒コショウ 各適宜
【作り方】
1. 鶏モモ肉の全体に塩コショウをし、オリーブオイル(分量外)をひいたフライパンで皮目からじっくりと焼いていく。火加減は弱火で。
2. 皮目がパリッと焼けてきたらひっくり返し、中までしっかりと火を入れる。
3. 鶏肉が焼けたらフライパンから取りだし、1.5cm幅にスライスする。タマネギは1mm程度に切る。
photo
4. ボウルに3と、カレー粉、オリーブオイル、酢、白だし、ハチミツを入れ、ざっと和えたら、そのまま10分程度マリネする。味見をして、必要ならば塩を加え、黒コショウを振る。
5. トーストしたパンに4を適宜乗せて、お好みのハーブを乗せていただきます。
   

今回はフェンネルを乗せましたが、イタリアンパセリやチャービルやディルなどでも美味しいです。

合わせたワインは...

アデガス・ギマロ
「ギマロ・ティント」
まだまだ日本では無名の作り手ですが、本国スペインはもとよりアメリカではすでにブレイク中で入手困難なワイン。樹齢50年以上のブドウ品種「メンシア」から造られるワイン。ブラインドで味わうと「ブルゴーニュかな?」と思わせる個性があり、その魅力は「神の雫」取り上げられたほど。

香りは複雑でスパイシー。豊かなアルコール感を感じるふくよかさがあります。
口に含むと、涼やかな酸が旨味と共に広がり、じんわり染みていく感じ。
重さとは無縁の心地よさ。
かといって軽いわけではなく、しっかりとした骨格がある。
これこそがメンシアの魅力だなぁ...と再確認させてくれるワインです。
酸味のあるカレー風味のマリネととてもしっくり来ます。
是非お試し下さい。

沢樹 舞  2014年5月13日 19:51

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …

グラタン・ドーフィノワ

グラタン・ドーフィノワ...ちょっと聞き慣れない料理名だと思いますが、 要はじゃがいものグラタンです。 ドーフィ…

パクチーパスタ

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「パクチーパスタ」を動画でご紹介します。 巷で大人気の香…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。