E width=    
コーナータイトル

ボロネーゼ

家でたべるの イタリアン  パスタ  レシピ 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日はイタリアンの大定番「ボロネーゼ」を沢樹流にアレンジします。

ボロネーゼは、正しくは「ラグー・アッラ・ボロネーゼ」、
美食の街として知られるボローニャで生まれたパスタ料理のひとつです。
元々はイタリア南部の料理だったパスタがボローニャに伝わり、
肉や野菜をワインと共に煮込んでソースを作ったのが始まります。

要はミートソースでしょ?と思いきや、実は微妙に違っていて、
ミートソースより使用するトマトの量が少なく、赤ワインは多く、
肉の存在感がしっかりと感じられるのが大きな違いでしょうか。
今日はそんなボロネーゼを、簡単に本場の味に近づけたいと思います!

「ボロネーゼ」

【材料】ソース4人分  
  合い挽き肉 300g
  タマネギ 1/2コ
  ニンニク 1カケ
  パン粉 大さじ1
  トマトの水煮 1/2缶
  赤ワイン 200cc
  ハチミツ 大さじ1
  ケチャップ 大さじ1
  ウスターソース 大さじ1
  ローリエ 1枚
  黒オリーブ(薄切り) 大さじ2
  オリーブオイル、黒コショウ、粉チーズ 各適宜
【作り方】
photo
1. フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りのタマネギとニンニクをしんなりするまで炒めたら、一旦別の皿に取り出す。
photo
2. ボウルにパン粉と、塩と黒コショウをひとつまみ入れて、ざっくりと混ぜ合わせる。
photo
3. 1のフライパンにさらにオリーブオイル少々加え、適当にちぎって丸めた2を並べて両面を焼き付ける。
photo
4. 肉の両面に焼き色が付いたら、1のタマネギとトマトの水煮を加えざっくりと炒め合わせる。
photo
5. 赤ワインを注ぎハチミツとケチャップとウスターソースを加えたら、ローリエを入れ蓋をして中火で10分ほど煮る。水気が半分ほどになったらヘラでざっくりと肉を割り、塩コショウで味を調える。
6. 茹で上がったパスタを5のフライパンに入れ、全体を和えて出来上がり。器に盛り、お好みで粉チーズを振っていただきます。
   

アレンジとして、黒オリーブの薄切りを加えました。
パスタとソースをフライパンの中で和える際に加えればOKです。

本場のレシピですと、セロリやにんじんのみじん切りと加えたりするのですが、
わたしのレシピでは香味野菜はニンニクとタマネギのみ。
ひき肉料理には不可欠のナツメグも使いません。
なのに香りや味わいが複雑なのは、ウスターソースを加えているから。
ケチャップとウスターソースの合わせ技は沢樹流時短レシピの極意です!

食べ応えのあるお肉の存在感が、ミートソースとは一線を画す美味しさ。
ソースは作り置きが出来ますので、是非お作りになって下さいね。

沢樹 舞  2015年5月19日 10:26

コメント(1)

美味そうですね。
なるほどですね。
これがボロネーゼ。ミートソースとの違いがよく分かりました。

posted by 平田博盛  2015年5月20日 08:03

 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

タコのもち麦ごはん

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は巷で人気沸騰の「もち麦」を使った炊き込みごはんを作ります。 …

らっきょうのフリット

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日ご紹介するのは、今が旬の「らっきょう」で作るフリットで…

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。