E width=    
コーナータイトル

きのこと栗の中華おこわ風ごはん

家でたべるの レシピ  料理教室  中華 

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、
今日はおこわが簡単にできる裏技で秋の炊き込みご飯を作ります。

9月の「沢樹舞の料理教室」から、
栗ときのこの中華おこわ風ごはんのレシピをご紹介します。
このレシピの最大のウリは、もち米を使わずにおこわのようなごはんができる裏技を使うこと。
ごはんを炊くときに、切り餅を入れるのです。

数種類のきのこに、甘栗という秋の味覚に、
中華のミックススパイスである「五香粉」で香り付け。
簡単なのに本格的。まさに沢樹舞の家庭料理の真骨頂です!

【材料】4人分  
  2合
  切り餅 1コ
  鶏ひき肉 150g
  しょうが(みじん切り) 大さじ1
  舞茸、しめじ、エリンギ 各1パック
  甘栗 1袋
  顆粒ガラスープ 小さじ2
  オイスター・ソース 大さじ1
  大さじ1
  五香粉 ひとつまみ
  植物油、砂糖、塩、黒胡椒 各適宜
【作り方】
1. 米はといだ後、厚手の鍋に入れ、420ccの水に浸けておく。キノコ類は細かく切り分けておく。
photo
2. フライパンに油をひき、しょうがとキノコを炒める。砂糖をひとつまみ入れキノコをしんなりさせたら、鶏ひき肉を加え、軽く塩胡椒して色が変わるまで炒める。
photo
3. 米を入れた鍋に、顆粒のガラスープ、オイスター・ソース、酒、五香粉を入れひと混ぜしたら、6等分に切った切り餅を上に乗せる。
photo
4. 3に2を均すように乗せたら、蓋をして火に掛ける。沸騰したら弱めの中火にして15分。火を止めて3分ほど蒸らしたら、しゃもじで全体をよく混ぜる。

炊飯器で炊く場合は、プロセス3までは同様で、あとはスイッチを入れ普通に炊いてください。

いとも簡単に本格的な中華風おこわが完成するこのレシピ。
是非、作ってみて下さいね!

沢樹 舞  2015年10月 9日 09:42

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …

グラタン・ドーフィノワ

グラタン・ドーフィノワ...ちょっと聞き慣れない料理名だと思いますが、 要はじゃがいものグラタンです。 ドーフィ…

パクチーパスタ

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「パクチーパスタ」を動画でご紹介します。 巷で大人気の香…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。