E width=    
コーナータイトル

焼きりんご

家でたべるの りんご  レシピ 

秋の果物は数あれど、りんごに特に思い入れがあるのは、
わたしがりんごの産地で育ったからなのだと思います。
実家の周囲にはりんご園と田んぼが交互に広がり、
道路には堂々と「りんごの里」という看板が立っていました。

わたしにとって、りんごとは「ふじ」か「サンふじ」でした。
地元で作っているのは主にその2種類でしたから。
ですが、大人になってから、魅力的なりんごに出会いました。
「紅玉」です。
その名の通り、真っ赤で、艶やかで、甘酸っぱくて。

紅玉は、そのまま食べるより、料理するとさらに魅力が増します。
加熱することで、生にはない、ゴージャスで豊潤な味わいを発揮するのです。
アップルパイ、タルトタタン、りんごジャム...
どれも紅玉で作るのと、そうでないりんごで作るのとでは、
明らかに到達する「おいしい」の高さが違う。

今日はとても良い紅玉が手に入ったので、焼きりんごを作りました。
最もシンプルに、紅玉のおいしさを堪能できる食べ方です。

作り方は至って簡単。

芯をくり抜き、そこにお酒(ラム酒やブランデーなど)を大さじ1、
その倍の量のお砂糖と、大さじ1のレモン汁とバターを詰め、
シナモンスティックを刺して200度のオーブンで20分。

ちなみに今回、お酒は辛口のスパークリング・ワインを使いました。
酸味が豊かなスパークリング・ワインや白ワインを使う場合は、
レモン汁は必要ありません。

ああ、焼き上がった焼きりんごの香りが、鼻腔をくすぐります。
口に含むと、甘さが押し寄せ、次に酸味が追いかけてきて、
ついつい夢中で頬張って、あっという間に平らげてしまう。
この切ない感じが、秋なんですねぇ。

沢樹 舞  2015年11月 6日 09:32

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
公式サイト:http://www.mai829.com
ブログ:http://ameblo.jp/intimejours/
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

タケノコとホタルイカのパスタ

葉山の畑に通っていた時、お世話になった石井さんが、 先日、横浜の畑にタケノコを持って遊びに来てくれました。 葉山…

パテ・ド・カンパーニュ

今日ご紹介するのは「パテ・ド・カンパーニュ」。 パパッと作れるのがサワキさんの「おうちでごはん」なのですが、 そ…

パクチーソース

最近ネットで話題になっている「パクチーゼ」。 なんのことかと思えば、パクチーで作るジェノベーゼソースのことだそう。 …

グラタン・ドーフィノワ

グラタン・ドーフィノワ...ちょっと聞き慣れない料理名だと思いますが、 要はじゃがいものグラタンです。 ドーフィ…

パクチーパスタ

皆さま、こんにちは。「沢樹舞のおうちでごはん」、 今日は「パクチーパスタ」を動画でご紹介します。 巷で大人気の香…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。