E width=    

「沢樹米、できました。」

2013年9月3日。

富山県小矢部市で、沢樹米の収穫をしました。
今年は天候に恵まれ、稲刈りの直前まで良いお天気が続きました。

黄金色に輝く田んぼに分け入って、稲を手にとってみると、そこには一粒一粒しっかりとした穂を付けています。

田植えから約5か月。
初めての「沢樹米」は、こうして無事に実りの日を迎えることができたのです。

 

「どうして米作り?」

「たべるの」が、葉山の畑に通い野菜作りをしていた頃、自分たちで田んぼを拓き、稲作に挑戦したことがありました。


ネコの額ほどの田んぼではありましたが、そこでもち米を育てたのです。

農業に関われば関わるほど、その真ん中にあるのは「お米」なんだ。
そんなことを、わたしは強く感じるようになりました。

「お米」を作ってみたい。

できるなら、美味しく、安全して食べられる、そんなお米を作ってみたい。
とはいえ稲作は野菜のように簡単に実践できるものではありません。

ならば農家さんのお力をお借りして、お米作りができないものだろうか...。
そんな想いを募らせていたわたしにひとつの出会いがありました。

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 

Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

「沢樹米 新米お披露目会」レポート

10月25日土曜日。 沢樹米の新米お披露目会が開催されました。 会場となったのは、東京都港区にある「六本木農園」。…

沢樹米 2014 稲刈りレポート!

2014年は酷暑と豪雨の夏となり、日本各地に天候被害がありましたが、小矢部の田圃には幸いにも大きなダメージはなかったそ…

沢樹米レポートその4「収穫、そして実りを味わう」

「収穫、そして実りを味わう」 そうして9月。 待ちに待った収穫の日を迎えました。 収穫を祝う「鎌入れ式」では、桜…

沢樹米レポートその3「沢樹米プロジェクト」田植え

「沢樹米プロジェクト」 田植え。 これまで手植えは何度か経験がありましたが、田植機に乗るのは初めて。 ジグザグと波…

沢樹米レポートその2「富山県小矢部市の農家・宇川さん。」

「富山県小矢部市の農家・宇川さん。」 わたしの故郷である富山県はこめどころとしても知られていますが、 宇川さんは県西…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。