E width=    

2014年は酷暑と豪雨の夏となり、日本各地に天候被害がありましたが、小矢部の田圃には幸いにも大きなダメージはなかったそうです。
ただ8月の、稲の成熟の最も肝心な時の日照が、十分だったかどうか、そのことだけが気がかりでした。
本当のところは、収穫してみなければ分かりません。
「沢樹さん、いよいよ沢樹米の収穫です。小矢部に来てください」
宇川さんから連絡を受け、今年も収穫のお手伝いをするために富山県小矢部市へ向かったのでした。


9月10日、沢樹米2014の収穫の日。天気は晴朗。
黄金色に波打つ沢樹米の田圃で、宇川さんや小矢部の仲間達が待っていてくれました。
さっそく鎌入れの儀式。
手に採った稲束はズッシリと重く、「沢樹米。今年も良い出来、豊作だ」そう確信できました。

3.3haある沢樹米の田圃の実際の収穫は、大型のコンバインでやります。
今回の沢樹米の収穫のため、特別に最新最速の6条刈りコンバインがデモ機として提供されたのですが、これがすごい。
あれよあれよのうちに稲刈りが進んでいきます。
「沢樹さんもやってみませんか」
思いがけず最新最速コンバインに乗り込むことになりました。
沢樹舞が沢樹米を収穫することになりました。

小矢部では以前から評価の高いコシヒカリを作っていた宇川さんとそのお仲間達。
循環型農業で有機栽培で、農薬も使いません。
2013年。そのコシヒカリの栽培に、さらに工夫を加えてできた特別米。
出来上がった沢樹米は、おかげさまでたくさんの方々から高評価をいただきました。
今年2014年は、その沢樹米をさらに美味しくするために、もっと工夫を加えています。


1時間あまりできれいに刈り取りは終わりました。
このあと沢樹米は乾燥、脱穀、精米というプロセスを経て袋詰めされます。
さらに進化した沢樹米を、できるだけたくさんの人に味わっていただきたいと思います。

たべるの沢樹米2014ページでは、沢樹米の美味しい楽しみ方をご紹介していきます。
どうぞお楽しみに。


コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 

Profile 投稿者紹介

沢樹舞

性別:女
誕生日:8月29日(焼き肉の日)
出身地:富山県魚津市
12年のモデル生活を経て、現在は(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、文筆家、ライフスタイル・プロデューサー。
これまでの投稿一覧

「沢樹米 新米お披露目会」レポート

10月25日土曜日。 沢樹米の新米お披露目会が開催されました。 会場となったのは、東京都港区にある「六本木農園」。…

沢樹米 2014 稲刈りレポート!

2014年は酷暑と豪雨の夏となり、日本各地に天候被害がありましたが、小矢部の田圃には幸いにも大きなダメージはなかったそ…

沢樹米レポートその4「収穫、そして実りを味わう」

「収穫、そして実りを味わう」 そうして9月。 待ちに待った収穫の日を迎えました。 収穫を祝う「鎌入れ式」では、桜…

沢樹米レポートその3「沢樹米プロジェクト」田植え

「沢樹米プロジェクト」 田植え。 これまで手植えは何度か経験がありましたが、田植機に乗るのは初めて。 ジグザグと波…

沢樹米レポートその2「富山県小矢部市の農家・宇川さん。」

「富山県小矢部市の農家・宇川さん。」 わたしの故郷である富山県はこめどころとしても知られていますが、 宇川さんは県西…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。