E width=    
コーナータイトル

バラの香りのイスパハン

家でたべるの イスパハン  スイーツ  ピエール エルメ 

人は甘いものを食べると「甘〜い」と言いますし、酸っぱいものを口にすれば「酸っぱい!」と声が出ます。その「甘〜い」に、「酸っぱい」や「塩っぱい」、さらには「辛い」とか「苦い」とか、味わいが重なると、人は初めて「美味しい」と言うのです。あるいは「不味い」と言います。
美味しい、不味いというのは、そのようにいくつかの「重なる味わい」を言うのだと思います。
そして多くの場合、味わいとは、香りです。

バラとライチとフランボワーズ。
みなさまご存知、ピエールエルメのイスパハン。
口の中で、味が、香りが、次々と広がって重なって、食べるというより、それは「ある特別な体験」になります。

還暦を過ぎた男が、初めてこれを口にして、およそ3分ほど身動きできなくなってしまいました。
美味しい不味い、好き嫌い。年齢の程には見知っているつもりであったが、
「美味しいということは、こういうことだ」と、あらためてハッキリ思い知らされたのです。

お腹がすいたから食べる。今日を生きるために料理する。
人生は、それだけじゃないのだよとね。

いにしえのペルシアの都イスパハン。アラベスクの城塞の中で育てられた大輪のバラがヨーロッパに渡り、ご婦人方に愛されて、その香り、今も衰えず。
フォーレの歌曲「イスファハンの薔薇」を聴きながらガブリ食べると、
見ず知らずの驚きに、どこか懐かしい記憶が重なって、さらに全く新しいものが見えてきます。
ピエール エルメのイスパハン。

スイーツなくとも人は生きていけるが、スイーツのために明日を生きるということもある。

takahash  2013年1月29日 18:41

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

バナナミルクジャム

ダイエットメニューにしてから3週間あまり。ありがたいことにダイエット中でも食べられるパンを教えてもらいました。 ふ…

グラニテダイエット

もう、どうでもいいやの捨て鉢を、赤身肉を食べても良いと分かると、思わず拾い直したり(笑) 暗く沈んでいた私の食卓に光が…

牛もも肉のロースト

メタボ宣告を受けてから、米、パン、うどん、パスタ、ピッツァ、トンカツや焼肉、バター、ジャガイモ、アイスクリーム、甘いお…

ダイエットしなくてはいけなくなった。

「もうこれ以上食べたら駄目だよ。特に脂と炭水化物を摂ってはいけません」そうお医者さんに言われてしまいました。「あなたは…

甘く涼しい

料理と同じくらい、映画が好きです。 好きな映画をあげればきりがありませんが、たった一つだけを選ぶなら、フェリーニの…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。