E width=    
コーナータイトル

サバの味噌煮缶を試してみる。

家でたべるの 缶詰  非常食  保存食 

もしもの時に備えて、我が家では、懐中電灯や小型ラジオとともに缶詰やペットボトルの水が常備されています。
「もしもの時はこれだな、うん」非常時持ち出しの袋を開いて点検します。
非常食、保存食とは言うけれど、缶詰の質は最近ずいぶん上がったらしい。味も良くなっているそうですね。なんだか確かめてみたくなりました。

とくにこのサバの味噌煮缶は、調理したものを缶に詰めるのではなく、缶に詰めてから加熱する。だから保存料なしで賞味期限3年という長期保存ができるのだが、それだけではない。缶に詰めてから調理しているから、サバの「うま味」をどこにも逃がさない。ということらしいですよ。

缶を開いてちょっと味見をしてみる。
うま味はたっぷりなのに味つけは比較的軽いですね。サバの味噌煮というと学生時代の定食屋さんの味を思い出しますが、あのこってり甘辛い味つけよりよっぽど控えめで食べやすく、好感度アップ。

もちろんこのまま食べるのも良いけれど、素性の良さを生かしてさらなる美味しさを目指します。
 

味噌煮缶のサバと味噌仕立ての汁をすべて耐熱皿にあけます。
サバの周りに手で千切ったキャベツを敷き詰めています。
トマト小1個を刻んでキャベツの上に乗せます。
ピザ用のとろけるチーズをトッピング。
黒コショウ少々。
 

もう一つ。
やはりサバと味噌仕立ての汁をすべて耐熱皿にあけます。
こちらは新タマネギを千切りして敷き詰めています。
スイートコーンの水煮を散らしました。
そこへ生クリームをとろ〜りかけまわします。
黒コショウ少々。
 

オーブンで10分焼き付けます。
 

どうですか。これなら立派に食卓の主役になりますね。
味噌とトマトとチーズの、それぞれのうま味が重なる一品と
味噌と生クリームのうま味の組み合わせ。焼き上がってから、これにバターをのせています。

ご飯でいただいても良し、パンとワインと一緒でも良し。

缶詰は進化していました。美味しくなっています。
最近の「缶詰バー」なるものの人気もよく分かります。
缶詰を保存食、非常食として見るだけではなく、新しい食材として見直す。
非常時持ち出しの袋の中とは別に、キッチンにも缶詰。いかがですか。

takahash  2013年4月 5日 12:00

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

トロリとプルリの杏仁豆腐

原始、人が初めてトロリとした食感を体験したのはいつのことだったのでしょう。牡蠣を食べた時かな、ハチミツかな。プルリはど…

初鰹を使って「はてなの飯」を作ってみた。

5月は初鰹の季節ですが、折しもNHKで始まった「みをつくし料理帖」の第一回放送では「はてなの飯」という鰹の混ぜ込みご飯…

冷やしカレーうどん

気温も湿度もどんどん上がってきましたが、皆さんご機嫌いかがお過ごしでしょうか。 夏のご飯。 前回はシンガポール…

シンガポールチキンライスを作る。

また夏がやって来ます。あのジットリとした暑い夏。気持ちが良いわけはないけれど、だからといって嫌いではない。私の身体が慣…

バターミルクビスケットってスコーンのこと?

いつも通っているスターバックスのショーケースの中に、バターミルクビスケットっていうのがあることに気がついたのは最近のこ…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。