E width=    
コーナータイトル

蓮は泥より出でて泥に染まらず

家でたべるの カボチャ  レンコン  蓮の花 

泥から生え気高く清く咲く蓮の花。
俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴です。
しかし、その蓮の地下茎(根っこ)であるレンコンは、まさに、泥の中に棲み、広がるもの。

今頃の季節、農家の人がウェットスーツに身をかため、腰の高さまで泥水に入り、
手探り足探りで収穫したレンコンが、スーパーの野菜売り場に並びます。

泥を落とせば白いレンコンとは言え、水上に咲く蓮の花と、泥の中のレンコンと、ひとつのものとは思えないほど違って見える。
世の中にはそういうことって、ままあることなのですね。

レンコンが好きです。とくに最近、好きになりました。

皮を剥き、5ミリ厚にスライスしたレンコンを素揚げします。
調理によっては色止めのため、あらかじめ酢水に5分ほどさらすというのもありますが、今回はやりません。
ほんのりきつね色になったところで油からあげます。

今回の料理のもう一方の主役はカボチャです。
適当な大きさに切り分けて、外皮を剥いて、ビタクラフトの鍋で無水オイル煮にしました。
電子レンジでチンでもかまいません。

柔らかくなったカボチャをマッシュし、タマネギのみじん切りを混ぜ、マヨネーズで和えます。
そこへ素揚げのレンコン。塩、胡椒で整えてください。

「蓮は泥より出でて泥に染まらず」だけど
「レンコンはカボチャにまみれてカボチャに染まる」

この色、このカタチ、この食感。
今が旬です。
ビールでも好し、ワインでも佳し。

takahash  2013年11月 5日 15:08

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

ダイエットしなくてはいけなくなった。

「もうこれ以上食べたら駄目だよ。特に脂と炭水化物を摂ってはいけません」そうお医者さんに言われてしまいました。「あなたは…

甘く涼しい

料理と同じくらい、映画が好きです。 好きな映画をあげればきりがありませんが、たった一つだけを選ぶなら、フェリーニの…

杏仁グラニテ

先日は杏仁豆腐を作りましたが、その中で、近所のマーケットでは手に入らない杏仁霜を求めて、東京日本橋にある古樹軒という会…

トロリとプルリの杏仁豆腐

原始、人が初めてトロリとした食感を体験したのはいつのことだったのでしょう。牡蠣を食べた時かな、ハチミツかな。プルリはど…

初鰹を使って「はてなの飯」を作ってみた。

5月は初鰹の季節ですが、折しもNHKで始まった「みをつくし料理帖」の第一回放送では「はてなの飯」という鰹の混ぜ込みご飯…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。