E width=    
コーナータイトル

牛白モツ、再び。

家でたべるの 牛白モツ    体力 

梅雨の季節はジットリと、身体の調子もおかしくなります。
だるい、グッタリ、湿度が高いことから「湿邪」と言って、いろいろ具合が悪くなりますし、晴れと雨が頻繁に繰り返すと気圧の変化が自律神経の乱れを引き起こしたりします。
過酷な暑さはまだまだこれからだというのに、どうするんだ。

「牛白モツのトマト煮」を、あらためてご紹介します。
以前も全く同じ「牛白モツのトマト煮」の記事を書きましたが、あの頃はまだ食材に触るだけで嬉しい料理超初心者で、ただワーワーキャーキャー言っているうちに料理が出来たという具合でしたが、今回は多少キャリアも積んでおります(笑)なにより「料理を考えて」います。

梅雨でグッタリした体調を立て直し、酷暑の夏に立ち向かう体力を作るための「牛白モツのトマト煮」です。
白モツの食感から、脂身の塊のような気がしますが、あれは脂身だけではなく、コラーゲンの食感でもあります。まあ、それでも脂質は脂質。ですが、「夏を乗り切る体力を作る」以上、「デブになる」未満。そこが焼き肉やステーキではなく、この時期に白モツをお勧めする所以です。

じつは私自身、この2〜3年急速に肥満体質化していて、なんとか逃れようと毎日5km程度のwalkingと夕食は炭水化物を極力摂らないことを日課にしているのですが、それでもやはり食べるものは食べなくてはいけない。
梅雨に入った頃からwalkingしている途中でふらついたり、ほんとうなら大汗をかくはずなのに汗が出ないなどの具体的な不具合を体験して、それを解決する「牛白モツのトマト煮」です。

下ごしらえの段階で白モツの余分な脂は落としています。
トマト、インゲン、ズッキーニなど、夏野菜の栄養をたくさん取り入れています。
大量の玉ねぎが入っています。ニンジンも入っています。セロリも入っています。
白ワインを使っています。ワインの酸味を和らげ味を深めるためにハチミツも使いました。
大豆の水煮を入れています。炭水化物の摂取を極力減らすために、ご飯はいただきません。お米の代わりに大豆です。
この「牛白モツのトマト煮」1品で、今夜の夕食は完結します。
あとは海藻を使った野菜サラダがあれば、さらに完璧。

脂質や糖分、炭水化物は必要最低限に抑えつつ、タンパク質や各種ビタミンをたくさん摂る。
梅雨を乗り切ります。夏を元気な身体で迎えましょう。

あらためて、この季節こそ「牛白モツのトマト煮」
これ1品で食べ応えは十分です。美味しいです。

takahash  2014年7月 4日 10:39

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

冷やしカレーうどん

気温も湿度もどんどん上がってきましたが、皆さんご機嫌いかがお過ごしでしょうか。 夏のご飯。 前回はシンガポール…

シンガポールチキンライスを作る。

また夏がやって来ます。あのジットリとした暑い夏。気持ちが良いわけはないけれど、だからといって嫌いではない。私の身体が慣…

バターミルクビスケットってスコーンのこと?

いつも通っているスターバックスのショーケースの中に、バターミルクビスケットっていうのがあることに気がついたのは最近のこ…

チョコレートコーティングしたガトーショコラ

バレンタインデーに爺さんがチョコレートケーキを作るなんて可笑しな話で、聞き流して捨てていただいて結構ですが、恥ずかしな…

サーモンのコンフィ

ヨーグルティアSを手に入れて以来、牛肉、鶏肉、豚肉、卵と、いろいろ低温調理をやってきて、すっかりお気に入りです。今や何…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。