E width=    
コーナータイトル

十三夜

家でたべるの みたらし団子  デザート  月見 

心躍るような料理のあとなら、きっとデザートが欲しくなります。
たとえささやかな食事のあとでも、デザートを食べれば満たされます。
昔からデザートが好きでした。料理と同じくらい好きだから、最近は自分でも作ります。
いろんな果物をコンポートにしたり、グラニテにしたり、今年の夏は冷たいデザートをたくさん作りました。
涼しくなったらなにを作ろうか。寒くなったらどんなデザートにしようか。
もちろんこれまで通り、ケーキでも羊羹でも買ってくれば良いのですが、すっかりパティシエ気分になったからには自分でも作りたい。

9月28日はスーパームーンの夜でした。TVでも報道されていましたから夜空を見上げた人は沢山いたでしょう。ビルの谷間から夜空に大きな月が浮かぶのを私も眺めていました。
ああ、団子だ。月見団子を作ろう。
たちまち気分は満月になりました。ところが中秋の名月、十五夜の月はスーパームーンの前日の9月27日だった。なんだ終わっているじゃないか。気分は一気に新月です。
でも「十三夜」がありますよ。俳句の季語にもなっている「あとの月」があるじゃない。
雲が晴れていくようなありがたい助言。今年の十三夜は10月25日です。
寒い季節のデザートは何にしようかというテーマですから、別に月見でなくても団子を作ればよろしいのですが、そこは契機、きっかけが大事なのです。

十五夜の月見団子は作物の豊穣を祈るものとすれば、十三夜の月見団子は豊作の感謝。米粉を使います。どんな米粉を使うかは諸説あるようですが、私は白玉粉と上新粉を1対1で混ぜて使いました。

【材料】
  白玉粉 80g
    100ml
  上新粉 80g
    熱湯 100ml
   
    砂糖 50g
    かたくり粉 大さじ1
    しょうゆ 大さじ3
    みりん 小さじ1
    120ml

少し粒感のある白玉粉に水を加えて木べらで捏ねます。

上新粉の方は熱湯を使います。白玉粉を練ったものがまるで絵の具を溶いたように艶のある白色なのに対して上新粉の方はちょっとザラミが残って小麦を捏ねた状態に似ていますね。

白玉粉の餅と上新粉の餅をあわせて手で捏ねます。耳たぶくらいの柔らかさって言いますけれど、よく分からないな(笑)

棒状に伸ばして16等分し、ひとつひとつを掌で丸めていきます。団子ですね。少し大きさが違うのはご愛嬌。

熱湯で茹でます。団子が浮いてきたらさらにあと2分茹でて、掬いとり、冷水に入れます。

団子の水を切ってから、今度はフッ素コートのフライパンで素焼きします。ちょっと焦げ目がつくぐらい焼くと香りも良くなるし、モチモチ感がグンと良くなる。

餡を作ります。材料を全部混ぜて火にかける。焦げないようにかき混ぜながら熱していきます。餡が透明になってトロミが出てくれば出来上がり。

お皿に盛った団子に餡をトロリとかけました。
今夜は月が見えないけれど、自家製の団子はおいしいです。上新粉の腰のある感じと、白玉粉の柔らかくて舌触りの良い感じがほどほどにブレンドされて、餡も甘すぎず、とても気に入りました。

入るとみてまた月いづる雲間かな 花も団子も十三夜

今回は月見団子として仕立てましたが、粉にサツマイモを練り込んだり、胡麻を入れたり、また出来上がった団子をお汁粉にしたり、葛湯に入れたりと、バリエーションも楽しめそうです。

 

takahash  2015年10月13日 10:04

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

牛もも肉のロースト

メタボ宣告を受けてから、米、パン、うどん、パスタ、ピッツァ、トンカツや焼肉、バター、ジャガイモ、アイスクリーム、甘いお…

ダイエットしなくてはいけなくなった。

「もうこれ以上食べたら駄目だよ。特に脂と炭水化物を摂ってはいけません」そうお医者さんに言われてしまいました。「あなたは…

甘く涼しい

料理と同じくらい、映画が好きです。 好きな映画をあげればきりがありませんが、たった一つだけを選ぶなら、フェリーニの…

杏仁グラニテ

先日は杏仁豆腐を作りましたが、その中で、近所のマーケットでは手に入らない杏仁霜を求めて、東京日本橋にある古樹軒という会…

トロリとプルリの杏仁豆腐

原始、人が初めてトロリとした食感を体験したのはいつのことだったのでしょう。牡蠣を食べた時かな、ハチミツかな。プルリはど…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。