E width=    
コーナータイトル

スフレの時代

家でたべるの スフレ  ブロッコリー  ルッコラ 

きみはスフレを作ろうとブロッコリーを手にとると、重大なことに気がついた。玉子がない。おまけに牛乳もないときている。
「やれやれ」
ここのところいくぶんヘヴィーなフレンチに傾倒していた。
「少し・・・」
玉子を買いに行くか、先に牛乳を買いに行くか。
「軽くならなくちゃね」
スーパーマーケットの黒い窓ガラスがとつぜん開いて、きみは店内に吸い込まれる。

ブロッコリーは畑でとれたスティックセニョール。そしてルッコラ。

温めた鍋にバター。スライスしたニンニクの香りが立ち上がったら、ブロッコリーとルッコラを炒めよう。
さらにバターを追加して、薄力粉を入れ、少しづつ牛乳を加えたらベシャメルソースになる。
このソースがブロッコリーとルッコラに絡んでトロッとしたらOKだよ。粗熱をとろう。

フードプロセッサーは何もかも細かく砕いて、ついにはすべて滑らかにしてしまう。塩、胡椒、卵黄、パルメジャーノ。そういう時代なのさ。

フワフワのメレンゲがお好みでしょ。卵白とクレームオブターター(あれば)。
隠し味にほんの少しの砂糖を入れてもいい。きみの自由だ。

柔らかな泡をこわさないように、ブロッコリーのペーストを混ぜていく。

180℃のオーブンで12分。

少し、焼き過ぎた。

このまま食べてもいいし、リビングに行って読みかけの本を開くことにしてもいい。

ただ、1つだけ言いたい。
完璧なスフレは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

 

takahash  2016年11月 4日 10:03

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

冷やしカレーうどん

気温も湿度もどんどん上がってきましたが、皆さんご機嫌いかがお過ごしでしょうか。 夏のご飯。 前回はシンガポール…

シンガポールチキンライスを作る。

また夏がやって来ます。あのジットリとした暑い夏。気持ちが良いわけはないけれど、だからといって嫌いではない。私の身体が慣…

バターミルクビスケットってスコーンのこと?

いつも通っているスターバックスのショーケースの中に、バターミルクビスケットっていうのがあることに気がついたのは最近のこ…

チョコレートコーティングしたガトーショコラ

バレンタインデーに爺さんがチョコレートケーキを作るなんて可笑しな話で、聞き流して捨てていただいて結構ですが、恥ずかしな…

サーモンのコンフィ

ヨーグルティアSを手に入れて以来、牛肉、鶏肉、豚肉、卵と、いろいろ低温調理をやってきて、すっかりお気に入りです。今や何…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。