E width=    
コーナータイトル

シューファルシは、ロールキャベツとどう違う?

家でたべるの キャベツ  シューファルシ  ブレゼ 

WEBに紹介されている「シューファルシ」のレシピの多くは、丸ごとのキャベツの葉と葉の間にひき肉や肉のムースを挿み、それをミルフィーユ状に重ねて煮込んだものになっています。これがシューファルシだと。
確かにそういうシューファルシもあるけれど、例えば、鶏の胸肉をキャベツの葉で包んだ「シューファルシ」というのもあって、必ずしもミルフィーユのようなものが「シューファルシ」というわけではありません。

じゃあ、「シューファルシ」と「ロールキャベツ」はどう違うの?
「シューファルシ」と「キャベッジロール」は、実は同じもので、フランス語と英語の違いだけです。
ところが「キャベッジロール」の和製英語「ロールキャベツ」は、ちょっと違う。と思います。

「レタス ファルシ」のときに調べたのですが、13世紀ごろオスマン朝トルコの「ドルマ」という料理がありました。これがヨーロッパ、さらには世界に広まって、現在の「シューファルシ」や「キャベッジロール」や「ロールキャベツ」につながっています。

この「ロールキャベツ」という料理は、日本で独自の進化をした料理ですが、ザックリ言ってしまうと、ひき肉のファルス(たね)をキャベツの葉で包んで、コンソメスープで煮込んだ料理。
「シューファルシ」は、ひき肉などのファルスをキャベツの葉で包んで、ブイヨンでブレゼした料理。

ブレゼと言うのは「蒸し煮」。つまり「煮込み」と「蒸し煮」の違いなのです。

ひき肉のファルスをキャベツの葉で包んで、鍋の底に並べます。そこに水をヒタヒタぐらいに注いで、コンソメの固形とか顆粒とかを放り込み、さらにトマトペーストや白ワインを注ぐこともあるかもしれません。
こうして火を入れると、肉の旨味はスープの方へどんどん流れ出てしまいます。時間をかけて煮込むとひき肉からの旨味の流出は止まり、スープの濃度と釣り合いがとれてきます。
「ロールキャベツ」は、それゆえ、しばしば煮込んだスープとともに供されることが多いのです。スープの方に旨味が行っていますからね。そして比較的あっさり仕上がった「ロールキャベツ」にケチャップやトマトソースをかけて食べたりします。

ブレゼという調理法は、まず濃厚なブイヨンを作ることに力を注ぎます。旨味と風味のついたブイヨンをシューファルシの並んだ鍋に注ぎ入れて、密閉した上で火を入れる。肉の旨味は外に流れ出ない。ブイヨンの旨味がひき肉のファルスに染み込んでいきます。そして柔らかくなる。これが「煮込み」と「ブレゼ:蒸し煮」の違いです。

今日は「シューファルシ」を取り出したあとのブイヨンをさらに煮詰め、そこに今が季節の柿をピュレにしたものを混ぜて、果実風味のある少し甘いソースを作りました。

シャンピニオンを中心としたデュクセルの旨味もあって、「シューファルシ」はそれだけでおいしいけれど、柿のソースがかかるといっそう味わいが深くなりました。

 

takahash  2016年11月22日 09:44

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

バターミルクビスケットってスコーンのこと?

いつも通っているスターバックスのショーケースの中に、バターミルクビスケットっていうのがあることに気がついたのは最近のこ…

チョコレートコーティングしたガトーショコラ

バレンタインデーに爺さんがチョコレートケーキを作るなんて可笑しな話で、聞き流して捨てていただいて結構ですが、恥ずかしな…

サーモンのコンフィ

ヨーグルティアSを手に入れて以来、牛肉、鶏肉、豚肉、卵と、いろいろ低温調理をやってきて、すっかりお気に入りです。今や何…

テリーヌを作るということ。

日本の食卓には伝統的な日本料理だけでなく、おいしいものならなんでも、洋の東西を問わず様々な料理が登場します。自由という…

温泉卵の豚玉丼

「低温調理をよく理解するには温泉卵を作ることです」そう教えてくれる人がいます。 卵は卵白と黄身でできていますが、黄…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。