E width=    
コーナータイトル

バターミルクビスケットってスコーンのこと?

家でたべるの スコーン  バターミルクビスケット 

いつも通っているスターバックスのショーケースの中に、バターミルクビスケットっていうのがあることに気がついたのは最近のことでした。友人曰く「ケンタッキーフライドチキンでは昔っから定番ですよ」だって。
ビスケットっていう名前なのにケーキみたい。確かに表面はおいしそうな焼き色なのだけれど、その下に薄〜いスポンジケーキみたいなのがミルフィーユみたいに何層も重なって、こりゃやっぱりケーキだろう。

買って帰って食べてみました。ふんわりを想像していたのだけれど、意外にしっかりしている食感。あれっ、何かに似ているな。これ、スコーンじゃないの?

調べてみるとやっぱりだ。ほとんど同じ。
イギリスはスコットランド発祥のスコーンがアメリカ南部に渡ってバターミルクビスケット。ほとんど違いはないけれど、小麦粉とバターで作るスコーンに対して、バターミルクビスケットはバターの代わりにショートニング、牛乳の代わりにバターミルクを使うらしい。だからバターミルクって言うんですって。朝食のパンのようにして食べられるバターミルクビスケットは甘さ控えめだけれど、主にお茶菓子として愛されるスコーンは甘みがある。とは言っても最近では甘いバターミルクビスケットが流行だし、バターを使ったバターミルクビスケットもたくさんあるらしい。サワークリームやハチミツをつけてお菓子として食べるならスコーン、食事のあとに食べればバターミルクビスケット。まあ、同じと考えて良いみたいです。

そんなわけで、スコーンみたいなバターミルクビスケットを作ってみました。

  バター 50g
  サワークリーム 50g
  牛乳 50〜60g
  1つ

これを混ぜて冷蔵庫で冷やしておく。

別のボールに

  薄力粉 160g
  強力粉 70g
  バターミルクパウダー 大さじ1
  ベーキングパウダー 10g
  重曹 小さじ1/4
  砂糖 大さじ1

粉類をざっくり混ぜておきます。

この粉の中で1cm角ぐらいに小さく刻んだバターを指で潰して混ぜます。
ざっくりで良いのです。

ここに冷やしておいた液を少しづつ注ぎ込み、ヘラで混ぜる。

打ち粉をした板の上で麺棒を使って伸ばしていきます。
これを3つに折りたたんで、また伸ばす。さらにたたんで伸ばす。

厚さ2cmぐらいの生地をセルクルで丸く型抜きします。

クッキングシートの上に丸い生地を並べます。

200℃に予熱しておいたオーブンで焼きます。時々オーブンの中を確かめて、表面が焦げ付き出したら温度を少し下げてください。

18分ぐらいで完成しました。意外に簡単です。
材料のバターミルクパウダーを手に入れるのが少し面倒かなと思うぐらい。

スターバックスのあのミルフィーユみたいになっているのは、薄い生地を何回も重ねることでできていたようですが、私の場合ミルフィーユのようにはならなかった。これじゃスコーンですね。

サワークリームとハチミツをトッピングして食べたら、かなりおいしかったですよ。
味はスターバックスに負けていなかった。

 

takahash  2017年4月11日 08:27

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

takahash

演出家(CM・映像)

TV広告を作り続けて30年。世界を食べたつもりが世界に食べられたのかもしれない。
これまでの投稿一覧

トロリとプルリの杏仁豆腐

原始、人が初めてトロリとした食感を体験したのはいつのことだったのでしょう。牡蠣を食べた時かな、ハチミツかな。プルリはど…

初鰹を使って「はてなの飯」を作ってみた。

5月は初鰹の季節ですが、折しもNHKで始まった「みをつくし料理帖」の第一回放送では「はてなの飯」という鰹の混ぜ込みご飯…

冷やしカレーうどん

気温も湿度もどんどん上がってきましたが、皆さんご機嫌いかがお過ごしでしょうか。 夏のご飯。 前回はシンガポール…

シンガポールチキンライスを作る。

また夏がやって来ます。あのジットリとした暑い夏。気持ちが良いわけはないけれど、だからといって嫌いではない。私の身体が慣…

バターミルクビスケットってスコーンのこと?

いつも通っているスターバックスのショーケースの中に、バターミルクビスケットっていうのがあることに気がついたのは最近のこ…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。