E width=    
コーナータイトル

長ネギと春菊のバルサミコサラダ

家でたべるの おいしい色  サラダ       

これからの時季、鍋料理で大活躍の長ネギと春菊を使い、今が旬のブロッコリーとトマトのサラダです。韓国のりをアクセントに加え、バルサミコソースの甘酸っぱさと、韓国のりのごま油のハーモニーが絶妙!長ネギと春菊にピッタリです。
今回は、おいしい色として上げられる3色、野菜の緑とトマトの赤、そして黄色には話題のケーク・サレ(塩ケーキ)をワンプレートにしてみました。 
ケーク・サレは、チーズがベースの野菜や生ハムが入ったパウンドケーキです。

1 1 1
材料 長ネギ ケーク・サレ(トマト パプリカ 生ハム)
  春菊 バルサミコソース
  ブロッコリー   
  トマト  
  サニーレタス  
  韓国のり ※長ネギ 春菊 ブロッコリー 五穀米には、
 軽くレモンドレッシングを!!
  五穀米
     

おいしい色「赤・黄・緑」                  

同じたべものを同じ様に盛りつけても、お皿の色によって、見え方が違います。
お皿の色と、食材の色の調和により、鮮やかさが増し、みずみずしく新鮮に見えたり、同化してボリュームが無くなってしまったり!!色の組み合わせでおいしさアップを!! 色の調和がポイントです。


【白いお皿】
サラダの色もケーク・サレの色もお皿の白とコントラストがついて存在感がありボリューム感もあります。カフェのランチプレートでよく使われるスタイル。清潔感もあり、自然光で、たべものの色も引き立ちます。でも、ちょっと冷たい感じ。ランチョンマットやナプキンをプラスして、トマトの赤や野菜の緑とかアクセント色が欲しくありませんか!


【緑のお皿】
ケーク・サレの中にあるパプリカや、トマトの赤がより鮮やかでみずみずしく新鮮に感じます。お皿と野菜の緑は、赤とは補色の関係。お互いにより鮮明に引き立て合います。お皿の中にメリハリがつきます。また、ケーク・サレの色は、お皿と野菜の緑と類似関係のオレンジがかったイエロー。フワッとしておいしそう!スパークリングワインとの相性もバッチリです。


【赤のお皿】
サラダの緑はイキイキフレッシュ。でも、お皿に接しているトマトは、野菜の上のプチトマトに比べると、みずみずしい鮮やかさがありません。全体にお皿の赤がたべものの色をくすませています。ところが、ケーク・サレの回りの焼き色はツヤがありカリッとして、おいしそうです。このお皿には、ミートローフとかハンバーグの方がおいしそうです。やっぱり赤ワインですね。


いかがですか。あなたの食卓に「おいしいカラー」

高橋明美  2008年12月 2日 00:36

コメントはこちら!


 
  名前 (必須)
 
  メールアドレス (必須)
 
  URL
 
 



Profile 投稿者紹介

高橋明美

広告代理店、きもの宣伝部、広告プロダクションを経てスタイリスト、カラーアナリストとして活動。
現在、専門学校にてパーソナルカラー講師、企業研修、広告スタイリスト、個人のスタイリングアドバイザーとして活躍中。
(有)エイティ・ホーム代表
日本カラーミーアシーズン東京支社代表
http://www014.upp.so-net.ne.jp/colorsathome/
http://ameblo.jp/colorsathome/
これまでの投稿一覧

長ネギと春菊のバルサミコサラダ

これからの時季、鍋料理で大活躍の長ネギと春菊を使い、今が旬のブロッコリーとトマトのサラダです。韓国のりをアクセントに…

根菜グラタン 秋のアーストーン

はじめまして高橋明美です。色は毎日の生活に彩りを与えてくれます。 食卓にほんの少しの色を加える事でイメージがグーンとかわ…
「たべるの」ってなに? 「たべるの」で記事を書いてみる? 「たべるの」会員登録
Recommendation おすすめ記事
伊藤園 畑へ行こうよ。